HOME現場を巡る一覧

現場を巡る 一覧

橋梁、トンネル、のり面などの点検や補修補強などの現場、各地の新設事業の現場を歩き、レポートするコーナーです。

舗装面積は約13万m2、床版防水工の面積は約11万m2

NEXCO中日本 12月14日供用予定の東海環状道大野神戸IC~大垣西IC 工事現場を公開

劣化した床版をグリッドメタル+接着塗布型PCMによって補強

栃木県日光土木事務所所管 国道120号乳の木橋の補修補強

橋面補修と橋面コンクリート舗装を両立

富山市所管の新屋橋で、超速硬型高靭性繊維補強コンクリートを用いた橋面コンクリート舗装を施工

台風19号 千曲川流域の被災現場を巡る

落石防護ネットで使われている製品を援用 対象は首都高速だけで6万2千基

首都高速道路など4社 支承部品の脱落を防ぐための支承部品落下防止対策用組紐およびネットを開発

シールドトンネル セグメント坑内搬送ではタイヤ式搬送台車を使用

首都高速道路・横浜市 来年3月開通の横浜北西線の現場を公開

重防食対策でステンレスライニングとAl-Mg溶射を採用

首都高速1号羽田線(東品川桟橋・鮫洲埋立部)更新工事 プレキャスト化で工程短縮

施工効率は約4倍に向上し、延べ施工人数は3~4分の1に縮減

首都高速 「循環式ブラスト工法」の現場見学会を開催

大規模更新までの延命策 725m2を補修

NEXCO東日本 横浜新道法泉高架橋でJ-THIFCOMを採用して床版補修

鈑桁RC床版の550m部分8000m2強が対象

名高速 雁道工区で二方向アラミド繊維シートによる下面貼付け補強が進む

床版上面補修のマイクロクラック対策にWJの活用を検討

名高速 新川中橋工区で床版補強にアンダーデッキパネルを採用

ダイヤモンドバーおよびハック高力ワンサイドボルトを採用

NEXCO中日本 横浜町田IC「第二跨道橋」のロッキングピア耐震補強現場レポート

塗膜剥離剤+2種ケレンで既設塗膜を除去

阪神高速 尼崎末広出入口付近の鋼桁3万4千m2超を塗替え

端部のプレキャスト化、「EQ-WALL」の採用で現場省力化と工程短縮を図る

NEXCO東日本 関越道松川橋 上下線全面の床版取替工事を実施中

180N /mm2の強度を有する超高強度コンクリート 床版と桁の総重量を約4割削減

阪神高速 信濃橋入口で日本初となるワッフル型UFC床版を架設

IH式塗膜剥離技術 塗膜採取に特化した100Vタイプ

『エレクトロリムーバー』を使ってPCB含有有無を調査するための塗膜を採取

クロソイド曲線桁を下り勾配で送出し

気仙沼湾横断橋(川口地区) 送出し桁長は52.8m、手延べ桁と合わせた重量は約680t

近畿自動車道松葉高架橋塗装塗り替え

NEXCO西日本 塗膜剥離剤と循環式エコクリーンブラスト工法を併用して既設塗膜除去と素地調整

桁および梁の仕口合わせに万全を期す

NEXCO中日本 名古屋西JCTのランプ橋桁と門型橋脚を架設

2500t積みの台船上に上下2段積みのテーブルリフトを3点に配置し、昇降操作して撤去・架設

兵庫県 昨年の台風21号で被災した鳴尾橋が9月復旧へ