道路構造物ジャーナルNET

新着記事

最新インタビューインタビュー 一覧

NEW

新幹線、在来線、私鉄、高速道路を横過

NEXCO西日本新名神大阪西 延長4.4kmも日本の大動脈を跨ぐ難工事を担当

西日本高速道路株式会社
関西支社
新名神大阪西事務所
所長

徳田 尚器 氏

 新名神大阪西事務所は、建設中の新名神大阪府域の内、淀川右岸部から高槻JCT・IC間の延長4.4kmを所管している。延長は短いながらも日本において重要な鉄道・道路インフラを横架することから、施工の難易度は非常に高い。構造物は橋梁が5橋(上下別換算では10橋)で2.3(4.6)km、トンネルは1TN(2チューブ)(6車線断面)で1.3(2.6)kmと合わせて比率は81.8%に達する。また、有馬高槻断層帯もあり、上部工…

公開日:2021.04.15

続きを読む

設計納期は約半分に短縮、LCC1割減が可能

メンテナンススモール橋~建設時の工夫により維持管理コストの最小限化を目指す~

関西大学
環境都市工学部 都市システム工学科
教授

鶴田 浩章 氏

 土木学会関西支部のメンテナンススモール橋梁共同研究グループ(委員長:鶴田浩章関西大学教授)は15m以下の中小コンクリート橋の架替えを対象としたメンテナンススモール橋の研究を進めている。「使用材料や構造細目の工夫によって供用期間中の致命的な劣化損傷の発生を回避することで、維持管理を最低限に抑制した橋」を3D設計により効率的かつ視覚的に分かりやすく合理的に設計・製作・架設・維持管理して…

公開日:2021.04.06

続きを読む

道路分野は橋梁検査路、遮音壁、中空床版の補修技術などを積極展開

栗本鐵工所 チームクリモトで売上1100億円、営業利益40億円のその先へ

株式会社栗本鐵工所
代表取締役社長

菊本 一高 氏

 栗本鐵工所は、4月1日から菊本一高氏が新社長に就任した。同氏は、大阪工業大学工学部機械工学科を卒業後、1982年に同社に入社。ビル、住宅、工場などに使われるスパイラルダクトなどの分野に関わってきた。一方で、コンクリート橋とのかかわりもあり、中空床版橋の円筒型枠やシースなどの分野で、PCファブの様々な要望にも対応する工場長(交野工場)として、親しく接した人も少なくないであろう。その菊…

公開日:2021.04.01

続きを読む

橋面コンクリート舗装ガイドライン2020も上梓

道路橋床版の維持管理マニュアル2020を出版~同2016を大幅改訂~

土木学会 鋼構造委員会
道路橋床版の点検診断の高度化と長寿命化技術に関する小委員会
委員長

橘 吉宏 氏

 土木学会鋼構造委員会道路橋床版の点検診断の高度化と長寿命化技術に関する小委員会は、『道路橋床版の維持管理マニュアル2020』および『道路橋床版の長寿命化を目的とした橋面コンクリート舗装ガイドライン2020』を出版した。『道路橋床版の維持管理マニュアル2020』は国の様々な法令や制度の変化、4年間で蓄積された知見を基に『道路橋床版の維持管理マニュアル2016』を大幅改訂している。また、『橋面コン…

公開日:2021.03.22

続きを読む

高架橋工事では下部工施工が進展

NEXCO西日本 新名神大阪東 淀川渡河部は最大支間長210mのエクストラドーズド橋

西日本高速道路株式会社
関西支社 新名神大阪東事務所
所長

森脇 清 氏

 NEXCO西日本関西支社新名神大阪東事務所は、新名神高速道路の八幡京田辺JCT・ICから淀川右岸までの延長6.3kmの整備事業を推進している。淀川渡河部では、右岸の河川敷に自然環境だけでなく歴史・文化的にも重要なヨシの群生地があり、計画段階から環境保全の取り組みを行い、橋梁形式もそれに配慮したエクストラドーズド橋を採用した。市街地は主に延長3.0kmのトンネル構造となるが、トンネル区間以外では交…

公開日:2021.03.18

続きを読む

現場を巡る現場を巡る一覧

NEW

最大ブーム長は 198m(メイン 114m、ジブ 84m)に達する

平野クレーン工業 1,350t吊クローラークレーン『LR11350』を導入

 平野クレーン工業株式会社は、同社最大となる1,350t吊クローラークレーン『LR11350』(リープヘル社製)を導入した。同クレーンは国内に5台しかなく、関西でも同機を含めて2台しかない。同機は京奈和自動車道や新名神高速道路の高架橋工事での採用に営業活動中である。今後は、大阪湾岸道路西伸部などのビッグプロジェクトなどにおける橋梁の架設や発電所設備などの建設現場において、「構造物の地組み規模を…

公開日:2021.04.15

続きを読む

大規模更新の床版取替において 迅速な撤去および架設が可能

IHIインフラシステム 撤去~架設を一括施工できる自走式新型床版取替機「Sphinx(スフィンクス)」を開発

 IHIインフラシステムは、大規模更新の床版取替用途に、既設床版の引き剥がしから、撤去、運搬、積込み、新床版の荷取り、運搬、床版の水平旋回、架設におよぶ一連の作業を全てこなすことのできる自走式新型床版取替機「Sphinx(スフィンクス)」を開発した。装置高は4.3mと低空頭で、立体交差部など、上空に障害物がある箇所でも施工可能であり、なおかつ全幅員の床版パネル(幅14m×長さ2m、最大吊重量17.5t…

公開日:2021.03.31

続きを読む

19の橋種のうちから経済性や施工性、維持管理性などを加味して選定

北九州市 橋長233mの笹尾川渡河橋(仮称)にパネルブリッジを採用

 北九州市は遠賀川付近一帯の慢性的な交通渋滞の解消、自動車産業が盛んな宮若市や鞍手町とのさらなる経済交流の活性化、北九州都市圏の広域物流ネットワーク機能の向上を図ることを目的として、都市計画道路八幡鞍手線の整備を進めているが、そのうち、一級河川笹尾川に架かる笹尾川渡河橋(仮称)の架設を進めている。同橋は橋長233.3mの鋼重1140.5tの鋼7径間連続合成床版橋(8主桁)であるが、①経済性、②構…

公開日:2021.03.31

続きを読む

地山等級Eパターンも存在、湧水も発出し、掘進も困難極める

新白河BP 南湖トンネルで山岳トンネル自動化セントルを実装

 福島県が復興支援道路として事業を進めている国道294号新白河バイパスにおいて、白河市の松平定信が作った日本最古の公園である南湖公園の直下に建設を進めている南湖トンネルの工事が終盤を迎えている。同トンネルは延長474mと短いながら、内空断面は高さ10.8m×高さ16mと高速道路並みに大きい。土質は火山性凝灰岩や砂岩と頁岩の互層などで、地山等級はDⅠ、DⅢ、Eパターンと非常に悪く、ほぼすべての延長で補…

公開日:2021.03.26

続きを読む

大成建設、フェクトなどと共同 かび抵抗性や耐候性も備える

大成ロテック 木橋や木製高欄にも使える従来比2~3倍の効果を有する高耐久木材保護塗料『モッコート』を開発

 大成ロテック(西田義則社長)は大成建設(相川善郎社長)およびフェクト(安田海人社長)と共同で高耐久木材保護塗料『モッコート』を開発した。同塗料はトンネルの壁面コンクリートなどの耐久性向上用途で使われている無機塗料を木材向けに改良したもの。外装木材独自の意匠性を保持し、紫外線などに強い無機系材料を使用することで、従来品よりも2~3倍程度の耐久性を確保し、施工性にも優れている。今後3…

公開日:2021.03.26

続きを読む

抜本的かつ恒久的な対策として

大鳴門橋1A直上の中空床版下面の塩害対応に電気防食『e-Cover・C(カスタム)』工法

 1985年6月に供用された本州四国連絡高速道路が管理する大鳴門橋の1Aアンカレイジ上屋道路桁(RC中空床版;約1,300㎡)(写真-上屋道路桁(中空床版))は、供用から約11年が経過した頃から、塩害・中性化による床版裏面のコンクリートのうきや鉄筋露出が顕在化していた。桁下は展望台や通路として一般者に開放されており、第三者被害の予防対策が課題となっていたため、2001年度に断面修復工・表面被覆工及…

公開日:2021.03.24

続きを読む

新東名高速と中央道が自動車専用道路で接続

NEXCO中日本・国土交通省 新東名高速と国道138号バイパスの4月10日開通区間を現場公開

 中日本高速道路(NEXCO中日本)東京支社と国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所は19日、4月10日に開通する新東名高速道路の新御殿場IC~御殿場JCT間と国道138号須走道路・御殿場バイパス(西区間)の須走口南IC~ぐみ沢IC間の現場を報道陣に公開した。開通区間の概要新東名高速道路開通区間は延長7.1kmで、橋梁高架部が5.7km、土工部が1.4kmだ。完成6車線の用地買収は完了しているが、暫定4車線(設計…

公開日:2021.03.24

続きを読む

連 載連載一覧

⑲設計の再評価と維持管理

現場力=技術力(技術者とは何だ?)

株式会社日本インシーク
技術本部 技師長

角 和夫 氏

 (1)はじめに首都圏1都3県の緊急事態宣言が解除された。待ちに待った選抜高校野球2021が19日に開幕。26日からは日本プロ野球も開幕。残すは夏のオリンピックだがどうなることか。思い起こせば10年前の3月、東日本大震災が発生し未曾有の大災害となってしまった。福島第一原発では巨大津波の発生により原子炉冷却用の外部電源・非常用電源を消失。1、3、4号機では、その後、水素爆発事故が発生。放射能が広…

公開日:2021.04.01

続きを読む

⑳ 青森ベイブリッジ(1)

次世代の技術者へ

土木学会コンクリート委員会顧問
(JR東日本コンサルタンツ株式会社)

石橋 忠良 氏

 青森駅の上を跨いでいるPC斜張橋があります。今回は、この橋梁について紹介します。道路橋ですが、この計画から施工までかかわることになりました。施工者はK社を中心とした4社JVです。上部工施工の時のJVの所長は藤田和仁さんで、主任技術者は松渕得郎さんです。この2人とは、東北新幹線の建設で、阿武隈川橋梁の建設時の主任技術者と主任という関係で、当時、PCカンチレバー工法の阿武隈川橋梁の打ち継ぎ目…

公開日:2021.04.01

続きを読む

ご広告掲載についてはこちら

お問い合わせ
当サイト・弊社に関するお問い合わせ、
また更新メール登録会員のお申し込みも下記フォームよりお願い致します
お問い合わせフォーム