道路構造物ジャーナルNET

業界ニュース

自走式門型床版架設機『ハイウェイストライダー』を使用

NEXCO中日本東京支社 東名多摩川橋の大規模更新現場を公開

2022.06.01

続きを読む

2022年度の高速道路事業費は3,125億円

首都高速道路 2050年カーボンニュートラルを目指すための戦略を策定

2022.05.25

続きを読む

JR四国に委託 支間長は130m 曲線、勾配も有し、ジャッキダウン量は7mに及ぶ

愛媛県八幡浜土木事務所 国道とJR予讃線を跨ぐ郷高架橋を4回に分けて送り出し

2022.05.24

続きを読む

2021年度会員受注額は4,333億円、18年ぶりに4,000億円を突破

PC建協 新会長に森拓也氏を選出

2022.05.20

続きを読む

桁長は82m、重量は約1,300tにおよぶ

首都高速道路 高速大師橋更新事業 P4~P5径間の鋼床版箱桁ブロックを台船架設

2022.05.16

続きを読む

撤去作業の安全性を高めるため橋脚上および足場上からブロックで解体

新濃尾大橋(仮称)の桁架設で手延べ桁撤去用に『桁回転装置』を開発

2022.05.16

続きを読む

受注金額における更新・保全工事の割合は34.8%

橋建協 2021年度の国内鋼道路橋の受注量は18万8,187t

2022.05.10

続きを読む

トンネル補強工事は4チューブ、高性能床版防水工は約90橋予定

NEXCO東日本 2022年度の床版取替工事は28橋を予定

2022.04.28

続きを読む

大規模修繕で安全性・走行性向上に

阪神高速 3号神戸線の大規模修繕工事を実施

2022.04.21

続きを読む

重量は約1,900tに達する

首都高速道路 高速大師橋更新事業 長さ132mの鋼床版箱桁ブロックを台船架設

2022.04.21

続きを読む

未開通区間の新秦野IC~新御殿場IC間も全力で事業を推進

NEXCO中日本 新東名伊勢原大山IC~新秦野ICが開通

2022.04.18

続きを読む

送出し部材長は約170.5m、総重量約714t

熊本県 (仮称)第二天草瀬戸大橋 桁長90m、R=550mの曲線桁を8日間で送出し

2022.04.12

続きを読む

「経済的で環境に優しい鋼構造物の疲労き裂予防保全工法の開発」が評価

ヤマダインフラテクノス、岐阜大学・木下幸治准教授 文部科学大臣表彰科学技術賞(技術部門)を受賞

2022.04.09

続きを読む

関西経済発展に不可欠な広域ネットワークの整備に努める

阪神高速 吉田社長会見「100年先も安全・安心・快適に利用」

2022.04.06

続きを読む

職種別では事務52名、土木70名、施設31名

東日本高速道路 2022年度入社式を挙行 新入社員は153名

2022.04.01

続きを読む

総延長は約43km、総事業費は2,570億円

国土交通省 高速道路7区間の4車線化事業を許可

2022.03.31

続きを読む

本線外から床版の撤去・搬入が可能になり、安全性と施工効率が向上

NEXCO中日本 東名阪弥富高架橋(下り線)大規模更新工事で大型揚重機の架設が完了

2022.03.28

続きを読む

土木設備被害箇所も約60箇所発生

JR東日本 福島県沖地震の被害合計は1,004箇所

2022.03.22

続きを読む

NEXCO東日本は常磐道上下線の常磐富岡IC~山元IC間を除いて復旧

JR東日本 新幹線橋脚に大きな損傷も

2022.03.17

続きを読む

IHIインフラシステム 新社長に上田和哉氏が就任

2022.03.17

続きを読む
お問い合わせ
当サイト・弊社に関するお問い合わせ、
また更新メール登録会員のお申し込みも下記フォームよりお願い致します
お問い合わせフォーム