HOME現場を巡る一覧

現場を巡る 一覧

橋梁、トンネル、のり面などの点検や補修補強などの現場、各地の新設事業の現場を歩き、レポートするコーナーです。

鋼床版箱桁、コンクリート桁約412㍍

首都高大規模更新 大井JCTの1号羽田線アプローチ桁を撤去

美瑛町、南富良野町、新得町、清水町、芽室町を歩く

台風10号 北海道水害現場を巡る

NEXCO西日本四国支社 松山道中山川橋で

特殊高所技術を用いて剥落防止工

NEXCO西日本 片側通行規制下での工事を想定

道谷第二橋 半断面床版取替工法を試験的に初採用

日本大学で公開試験を実施

グリッドメタルをカルバート補強に適用へ

床版上面の被り厚確保および防水性・耐力を向上

首都高速1号上野線で初めてPCM舗装による床版補強を採用

補強材に二方向アラミド補強シートを採用

名高速 万場線、大高線約10㌔14万平方㍍を床版補強

年間1万㌧の処理能力、最大100㌧保管できる倉庫も備えつけ

三池製錬 MF炉を用いてPCBや鉛含んだ既設塗膜くずを無害化処理

コンクリート部にはけい酸塩含浸材を塗布

浜松市 浜名湖大橋の鋼桁塗替えに塗膜剥離剤を使用

プレキャストPC床版・壁高欄で施工期間を短縮

NEXCO中日本 東名道用宗高架橋リニューアル工事

橋梁を全面塗り替え 支承交換など

NEXCO西日本 沖縄道許田高架橋で大規模な塩害補修

1200㍍が高架、460㍍がPC・PCaU型ボックス構造

首都高速1号羽田線(東品川桟橋・鮫洲埋立部)更新工事の現場を記者団に公開

熊本市~西原村~緑川に架かる橋梁を回る

熊本震災報告②

熊本市内~益城町~南阿蘇村を回る

熊本震災報告①

デイ・シイ、プレキャストPC床版の新たな接合構造を開発~孔明き鋼板ジベルと超高強度繊維補強モルタルの複合構造~

プレキャストPC床版の接合構造を開発~床版厚を220㍉に薄くでき、接合部長さを150㍉に短縮~

国道357号西行きを夜間通行止めして施工

東日本高速道路 外環道高谷JCTCランプ橋を夜間架設

パントレなどを用いて約1万平方㍍を施工

堺市大浜高架橋塗替 塗膜剥離剤を採用

大規模更新・大規模修繕工事の際の交通規制作業、利用者負担を軽減

NEXCO東日本 移動式防護柵「 Road Zipper® System(ロードジッパーシステム)」を報道陣に公開

三井・川田JVが施工

大分県大田杵築線バイパス事業 石山ダム湖上にニールセンローゼ桁を架設

1日約3万5500台の重交通が通過する県下有数の重要橋

大分県 新大分川架橋が進捗~幅30㍍に及ぶ8主桁を同時に送り出し~