HOME現場を巡る一覧

現場を巡る 一覧

橋梁、トンネル、のり面などの点検や補修補強などの現場、各地の新設事業の現場を歩き、レポートするコーナーです。

高炉セメントを用いて高耐久RC床版実現へ

相馬福島道路 桑折高架橋 桁架設が終盤

HI-SPECシール工法を約2万6000㎡

阪神高速 北神戸線で新しい床版防水工を大規模施工

床版取替に初めて縦締めPCによる緊張工を採用

NEXCO中日本金沢支社 北陸道太田高架橋を大規模リニューアル

撤去の手間撤去の手間を軽減するHydro-Jet RD工法も活用

阪神高速道路 堺線玉出入口でUFC床版を初採用

1000t強の鋼桁をFC船で撤去

NEXCO西日本 関西国際空港連絡橋の損傷した鋼桁をFC船で撤去

塗装塗り替え総計2万8610㎡ 支承取替366基

堺市 大浜高架橋のリニューアル工事が大詰め

800㎡の床版を取替 安全対策も充実

NEXCO中日本八王子支社 平出高架橋を大規模リニューアル

カンボジア プノンペンの「日本橋」

日本鋼構造物循環式ブラスト技術協会 チュルイ・チョンバー橋の補修工事を現場視察

呉市

平成30年7月豪雨 被災現場を巡る②

ロープアクセスやドローンなどの実演を行う

NEXCO中日本グループ 「技術フェア」を開催

架設桁の桁長は101.6m、鋼重は678.5t

NEXCO東日本 東北中央自動車道で多軸式特殊台車を用いて一括架設

床版取替工事ではNEXCO中日本として初めて床版架設機で施工

NEXCO中日本 小田原厚木道路 川端高架橋で床版取替

上部工の追加鋼桁重量は3560t 下部工も全面的に耐震補強

首都高速道路小松川JCT渡河部工事の軌跡

広島県 広島市、東広島市、竹原市、三原市

平成30年7月豪雨 被災現場を巡る①

EMC壁高欄採用し、工期を大幅に短縮 

NEXCO中日本 松ヶ平橋床版取替 『スリムクリート』で間詰部を大幅短縮

全国初の車線運用切替規制を実施

NEXCO東日本 道央道 島松川橋で床版取替工事

水系塗膜剥離剤は『バイオハクリX-WB』を採用、1種ケレンに近い2種ケレンを実現

鳥取県中部塗装協会 東大山大橋でPCB、鉛含む既存塗膜除去工法の現場見学会を開催

今夏には東西水路横断橋も施工

東京都港湾局 臨海道路横断橋を夜間架設

特殊高所技術を利用して足場を不要に

首都高速 コストを8割縮減、工期を約8割短縮できる塗替え工法『スポットリフレ工法』を現場公開

防食にステンレスライニング Al-Mg溶射+重防食塗装を採用

首都高速 東品川桟橋・鮫洲埋立部更新事業 更新上り線の下部工が進捗