道路構造物ジャーナルNET

『地方自治体』

東風平大橋、識名大橋の大規模補修も進めるインタビュー

沖縄県南部土木 南部東道路の整備、那覇大橋の架替えを推進

 沖縄県でも那覇市を中心とする本島南部地域は60万の人口が集中し、とりわけ交通需要が多くなっている。さらに近年は、観光面でも発展が著しい。リピーターを多く獲得するためにも二次交通のさらなる整備が望まれている。また、南端地域は国内唯一の戦跡国定公園があるほか、豊かな海浜も多くある。これらをどのようにつなげていこうとしているのか、沖縄県南部土木事務所の我那覇生雄所長に聞いた。(井手迫…

詳細ページへ

潮流、風、冬季波浪の影響受ける全国でも指折りの難しい現場現場を巡る

鹿児島県甑島列島 橋長1533mのPC橋である藺牟田瀬戸架橋の架設が終盤

 鹿児島県は、甑島列島の下甑島と中甑島間の藺牟田瀬戸に両島を繋ぐ延長1,533mのPC橋の建設を進めている。同橋付近は浅瀬と水深の深い海域が錯綜しており、喫水の深い船が入ることのできる区域は限定されている、風速も強く、台風時はもちろん、橋梁中央部では冬季波浪の影響による施工休止期間も設けられるなど全国でも指折りの難しい架設現場だ。海洋架橋の塩害対策も含め、2020年度の完成を目指す藺牟田瀬…

詳細ページへ

伊良部大橋などで培った塩害・ひび割れ対策を援用現場を巡る

沖縄県中部土木事務所 泡瀬人工島連絡橋下部工が終盤

 沖縄県中部土木事務所は、沖縄市の泡瀬干潟内に建設を進める泡瀬人工島に繋がる連絡橋の建設を進めている。同橋は橋長810m、幅員22.5~23.5mの上下4車線のPC橋であり、伊良部大橋開通以降では最大規模の橋梁だ。伊良部大橋で培った塩害対策技術をふんだんに使っている。現場を取材した。橋梁概要①同橋は、泡瀬干潟の一部に建設されている人工島に連絡するための海上架橋だ。同埋立地は95haにおよび、その中に…

詳細ページへ

ショットブラストの施工および舗装工事が進捗現場を巡る

東京都港湾局 臨港道路南北線および接続道路事業の橋梁工事が終盤

 東京都港湾局が建設を進め臨港道路南北線および接続道路事業の橋梁工事が終盤を迎えている。主構造物である東西水路横断橋(仮称)及び臨海道路横断橋(仮称)、また東側ランプ橋(西行)及び同(東行)の2橋は既にほぼ上部工工事を完了し、西側ランプ橋(西行)及び同(東行)の2橋の上部工も5割程度まで工事が進捗している。現在、進捗が早い4橋については舗装工事に入っており、記者が取材した2月18日…

詳細ページへ

水中梁はボルト・ナットを含めすべて二相ステンレス鋼を採用現場を巡る

鳥取市 擬宝珠橋 水中梁の上に木造橋を乗せる日本初の工法で復元

 鳥取市は、国指定史跡である鳥取城跡の内堀に架かる擬宝珠橋の復元工事を行い、2018年10月8日に完成式を行った。堀底に残る橋脚の遺構を保全するために、既設コンクリート橋の基礎の上にステンレス製の水中梁を設置して、その上に木造橋を復元するという日本初の工法を採用したことが特徴だ。文化庁が認めた城郭の復元橋としては国内最長となる橋長36.652m(幅員6m)の同橋復元工事をレポートする。3世代にわ…

詳細ページへ

山地が7割を占める県土 構造物比率は高いインタビュー

愛媛県 橋梁は2735橋、トンネルは171橋を管理

 愛媛県は、南は石鎚山など四国山地が広がり、西は佐田岬半島が豊予海峡に突き出し、宇和海のリアス式海岸が広がる。藤原純友が根拠地にした日振島もこの海にある。北は瀬戸内海が広がり、冬でも暖かい日差しが広がる。松山は言わずもがな夏目漱石、正岡子規、秋山兄弟など文武の名士を輩出した土地で、神代から続く道後温泉は至福の名湯だ。今治や新居浜、四国中央市には工業地帯が広がり、段丘には糖度の高…

詳細ページへ

防食・耐風もケアし、岩城島と生名島をつなぐ斜張橋現場を巡る

愛媛県 島民の期待高い「岩城橋」主塔部の建設が進捗

 愛媛県は、上島町の岩城島と生名島を結ぶ岩城橋の建設を進めている。平成16年度に複数の離島自治体が合併した上島町の主要4島(弓削島、佐島、生名島、岩城島)で唯一架橋されていない岩城島と生名島を結ぶもの。橋長は斜張橋である本体橋部だけで735m、取り付け高架部を含めると実に1,050mに達する。現在は下部工および、主塔部を施工中だ。両島民からの期待も高い現場を取材した。(文、写真:井手迫瑞樹)…

詳細ページへ

下塩原第一橋梁(仮称)ではメラン架設工法を県内初採用インタビュー

栃木県 常総・宇都宮東部連絡道路、下塩原バイパスなどの事業を推進

 関東1都6県で最も広い面積を有する栃木県では、県央部・東部・西部の各南北軸と県央部・北部・南部の各東西軸のネットワーク強化に取り組んでいる。その県央部南北軸のひとつとして常総・宇都宮東部連絡道路の整備を推進している。県央部の鬼怒川東側には工業団地が集積し、産業活動の一大拠点となっているため、その活力維持とさらなる発展を目指してのものだ。また、西部や北部の山岳部では自然災害に強い…

詳細ページへ

鋼重6千tを超える鋼単純ニールセンローゼ桁を多軸式特殊台車で移動させ、台船にロールオンし一括架設現場を巡る

東京都港湾局 東西水路横断橋現場ルポ

 東京都港湾局は、中央防波堤付近の埋立地間の水路に架かる東西水路横断橋(仮称、以下略)の架設を行った。鋼重6千tを超える鋼単純ニールセンローゼ桁を多軸式特殊台車(以下、多軸台車)で移動させ、台船にロールオンし一括架設するという例を見ない施工を行った同橋について、現場を取材レポートする。(井手迫瑞樹)東西水路横断橋概要東京都港湾局は現在、東京港臨港道路南北線事業および接続道路を整備中…

詳細ページへ

床版の点検・補修に関わる製品も展示 現場で公開施工も現場を巡る

宮崎県で橋梁床版維持補修に関する講習会を開催

 NPO宮崎社会基盤保全技術研究所が主催し、約200人が参加宮崎県、宮崎大学などが講演NPO宮崎社会基盤保全技術研究所は9月27日、宮崎大学創立330記念交流会館コンベンションホールで「橋梁床版維持補修に関する講習会」を開催し、約200人が参加した(宮崎大学工学部社会環境システム工学科など共催、宮崎県県土整備部、土木学会西部支部後援)。中澤名誉教授が県内橋梁床版を詳細に調査表面被覆を全面的に行う…

詳細ページへ

既設巻き立て鋼板を活用して鋼製ブラケット設置現場を巡る

横浜市 第三和泉原橋の補強・補修工事を進める

 横浜市は、泉区にある東海道新幹線を跨ぐ第三和泉原橋の補強・補修を東海旅客鉄道株式会社(以下、JR東海)への委託工事として進めている。事業期間は2015年度から2019年度(予定)。同工事は、側径間のゲルバー部の受桁の損傷に対する抜本的な対策、および桁と床版の補強・補修などを実施するものである。ゲルバー部受桁のき裂損傷が進行き裂は鈍角部に集中して発生1963年に竣工した同橋は橋長38.62m、有効…

詳細ページへ

観光客に歴史的名所をスムーズに回ってもらいたいインタビュー

奈良県 国道168、169号のアンカールートを整備

 奈良県は、県土の80%以上を山間部が占める。北西の奈良盆地などに人口が密集しており、観光資源も集中している。一方で県南にも吉野郡、高市郡の町村が風光明媚かつ歴史的な名所を遺している。そうした町村を南北に貫く国道168、169号は紀伊半島のアンカールートとして、改良が進められている。その話題を中心に、耐震補強や維持管理面の話題も含めて、奈良県県土マネジメント部長の山田哲也氏に詳細を聞いた…

詳細ページへ

塗装塗り替え総計2万8610㎡ 支承取替366基現場を巡る

堺市 大浜高架橋のリニューアル工事が大詰め

 堺市が大規模な耐震補強および塗装の塗り替えを進めている大浜高架橋のリニューアル工事が大詰めを迎えている。同橋は鉛を含有する塗膜を抱えているため、その塗装の塗り替えに配慮する必要がある他、桁下の交通量も多いため、下部工の耐震補強も細心の注意を払って行う必要があり、それぞれ塗膜剥離剤を使用した塗装の塗り替えやPAE系ポリマーセメントモルタル(以下、SPCM工法)による橋脚巻き立て補強を行…

詳細ページへ

御堂筋線の全面歩行者空間化目指す 阪堺大橋の鋼部材疲労対策を検討インタビュー

大阪市 淀川左岸線2期が端緒 堂島大橋をスレンダーに更新

 大阪市は、淀川、神崎川、大和川など大規模な河川が多く、平坦な地形を有している。そのため765橋の橋梁を所管しているが、15m以上の橋梁が約500橋と比較的長い橋が多い。供用経過年数も50年以上が30%と全国平均(20%)の5割増しの状況だ。しかし2014年度から2016年度までで法定点検を約8割実施し、健全度Ⅲ・Ⅳの橋梁はなく、比較的健全性を保っている。淀川左岸線2期工事などの新設プロジェクトや、堂島大橋…

詳細ページへ

今夏には東西水路横断橋も施工現場を巡る

東京都港湾局 臨海道路横断橋を夜間架設

 東京都港湾局は現在、東京港臨港道路整備事業南北線および接続道路を整備中だ。総延長は6.6kmで10号その2埋立地~第2航路の下をトンネルで通し、中央防波堤内側埋立地~東西水路を橋梁で跨ぎ、さらに東京港臨海道路とランプで接続する。事業は国と都が分かれて実施しており、海中の沈埋管トンネルと陸上トンネル部が国(東京港湾事務所)、平面道路と橋梁部を都が担当している。現状は国が担当する区間では沈…

詳細ページへ

大浜高架橋の大規模耐震補強、塗装塗り替えも終盤インタビュー

堺市 大和川線の2019年度末完成目指す

 堺市は、2006年に政令指定都市となり、今年で13年目を迎えた。古くは会合衆に代表される商業都市と知られたが、それゆえに兵家必争の地であり、三好松永の争いや織豊政権を乗り越えたものの、その末尾たる大阪の陣で堺の街は全焼を経験した。再建された堺は、江戸時代には大和川の付け替えが行われるなどした結果、港の機能が減退したが、新しい堺港(現在の堺旧港)を切り開くなどして繁栄を維持し、今日で…

詳細ページへ

主桁撤去は中央径間と側径間で別工法を採用現場を巡る

東京都 中央防波堤の廃棄物運搬関連車両専用橋・中潮橋を撤去

 東京都は、東京湾の中央防波堤内側埋立地と同外側埋立処分場を結ぶ中潮橋の撤去工事を平成28年12月から実施した(工期は本年5月末まで)。主桁撤去は、中央径間では撤去用梁材による工法が採用され、側径間では台船併用の引き出し工法が採用された。2種類の工法によって行われた主桁撤去を中心に、撤去工事の現場をレポートする。全体工程中潮橋は、平成8年度に供用された橋長250m、幅員24mの3径間連続鋼床版…

詳細ページへ

大阪湾岸道路西伸、神戸西バイパスの早期開通に期待、市管理道路の渋滞解消に傾注インタビュー

神戸市 東西に長い市域の交通円滑化を図る

 神戸市は多様性に富む。南部の狭い平野には人口が密集し、須磨や舞子などの景勝や三宮・元町などの日本屈指の繁華街があり、北野のおしゃれな異人館街が町を彩り、さらに埋立地には工場が軒を並べる。北部には六甲山が聳え、さらに奥には有馬温泉がある。神戸市はしかし、阪神大震災では大きな被害を受けた。家屋は地震ついで火災によって甚大な損傷を蒙り、鉄道や商業施設、道路も大きな被害を生じた。それ…

詳細ページへ

アースコート防錆-塗装システム 高耐久性とコスト削減を実現現場を巡る

鳥取県市町村の橋梁損傷傾向と長期防食性を確保する錆転換型防食塗装

 鳥取県建設技術センターでは、管理技術者が不足している県内の市町村に対して橋梁補修アドバイス業務を行っている。その業務のなかでセンターが把握している市町村管理の橋梁の損傷傾向と対策をまとめた。あわせて、塩害地域では鋼橋の塗装塗替えで錆転換型防食塗装が採用されているが、そのうちのひとつであるアースコート防錆-塗装システムの特徴と施工事例を紹介する。8市町185橋で橋梁補修のアドバイスを…

詳細ページへ

新技術の民間公募で点検・維持管理の効率化を目指すインタビュー

広島県 道路整備計画2016で7つの施策に取り組む

 広島県は人口約283万人(平成30年1月推計)で、面積は全国11位の8,479km2となっている。県土は北部の雪寒地域から南部の温暖な沿岸・島嶼部まで広がり、「日本の縮図」とも言われている。構造物においても全国で課題になっているほとんどのことがあてはまる広島県の道路整備方針と維持管理の取り組みを同県土木建築局長の三上幸三氏に聞いた。社会資本を未来につなぐために適正なマネジメントが必要定期点検…

詳細ページへ

供用後50年を経過する橋梁は20年後には77%に現場を巡る

広島県 東広島高田道路(向原吉田道路)などの整備を推進

 広島県では、平成28年3月に策定した「広島県道路整備計画2016」で「広域的な交流・連携基盤の強化」「持続可能なまちづくりに資する道路整備」「道路施設の適正な維持管理」などの施策を定めている。それらの施策に基づき、現在、どのような道路整備と維持管理に取り組んでいるのかをまとめた。(仮称)江の川橋は送り出し工法で架設進捗中の事業路線広島県の進捗中のおもな事業路線としては東広島高田道路(…

詳細ページへ

-7℃の寒中施工でも所定の性能を発揮現場を巡る

北海道岩見沢市 床版補修に「J-ティフコム」を採用

 施工前のひび割れ注入、後の床版防水も不要工期短縮、IC、LCCとも縮減できるため採用北海道岩見沢市が所管する二股橋の床版補修に超緻密高強度繊維補強コンクリート「J-ティフコム」が使用された。既設床版上の舗装を切削機で撤去した後、WJで1cm程度上面のコンクリートをはつり、脆弱部を除去する。気温は-7℃と寒中での施工であるためバーナーを装備した路面ヒーターで床版上面を給熱養生し、その後に同コ…

詳細ページへ

幸久大橋4車線化工事などが進展インタビュー

茨城県 復興・創生期間内に重要路線を集中的に整備

 茨城県は平坦な地形であるため、道路実延長が北海道に次いで全国第2位となる約56,000kmを有し、そのうちの約4,200kmが県管理となる。県管理の道路では、東日本大震災からの復興を進めるため、復興・創生期間内の完成を目指してバイパスや道路拡幅などのさまざまな整備事業を進めている。また、供用後30年以上経過する橋梁が7割以上に達していることから、今後、維持管理費および更新費の急激な増加が見込まれ…

詳細ページへ

特殊高所技術で95mの橋脚を目視点検現場を巡る

広島県 日本最大のアーチ橋・広島空港大橋の定期点検を実施

 広島県は、広島中央フライトロードにある広島空港大橋の点検作業を平成29年11月中旬から平成30年1月末まで実施した。これは5年に1度定められている橋梁定期点検として、供用後初めて行われたもの。歩行での点検のほか、特殊高所技術や橋梁点検車を使用した目視点検が行われた現場ルポをまとめた。橋脚8本とアーチ部を約3週間で点検ヘルメットにライブカメラを装着して安全管理同橋は、橋長800m、有効幅員19.5…

詳細ページへ

県道川崎町田との交差部現場を巡る

横浜市 高速横浜環状北西線で多軸式特殊台車を用いて夜間一括架設

 横浜市が建設を進めている高速横浜環状北西線(東方・川向地区)の橋梁上部工において、県道川崎町田を交差する個所の夜間桁架設工事が、1月13日および20日の2回に分けて行われた。同工事は多軸式特殊台車を用いて施工されたもので、横浜市で同様の工事は近年珍しいという。初日の内回り桁の夜間架設には元請20人、橋梁鳶14人、クレーンおよび多軸式特殊台車に18人が携わった。(文・写真井手迫瑞樹)内回り…

詳細ページへ

橋梁長寿命化修繕計画は268橋が対象で22橋の修繕工事完了インタビュー

さいたま市 国道463号バイパス(鶴巻ランプ)などを整備

 埼玉県南東部に位置するさいたま市は、東北、上信越、北陸方面からの最初の玄関口として東日本の対流拠点都市に位置づけられている。人口は約129万人で、平成15年に政令指定都市に移行したが、都市計画道路整備率が51.6%と他の都市に比べて遅れている状況で、効率的な幹線道路の整備が求められている。保全においては、措置段階判定の橋梁は比較的少ないが、長寿命化修繕計画では268橋が対象となっており、…

詳細ページへ

長寿命化と生活道路の整備も重要現場を巡る

仙台市 震災復興とコンパクトシティ・プラス・ネットワークを推進

 仙台市は、東北地方唯一の政令指定都市であり、同地方の政治・経済の中心地である。東日本大震災では、仙台港や若林地区が津波により甚大な損傷を受けたことは記憶に新しいが、目覚ましい勢いで復興が進み、往時の賑わいを取り戻している。今後、同市がどのような発展を目指し、その目標に資するための道路整備・維持管理を進めていこうとしているのか同市建設局の千葉部長をはじめとした現場を聞いた。(井…

詳細ページへ

2775橋を管理。LCCも考慮した長期的な視野での保全に取り組むインタビュー

埼玉県 上武大橋などの架け替え事業を進める

 埼玉県は首都圏の中央に位置し、人口が全国5位の約727万人で人口増加率も全国3位となっている。外環道と圏央道が他県に先駆けて整備されたことにより、経済産業分野に大きな効果をもたらしたが、混雑時の平均旅行速度が全国ワースト4位とさらなる道路ネットワークの強化が期待されている。一方、保全では今後20年で供用50年を経過する橋梁が8割に達することから、計画的な対策が必要だ。そうした道路の整備と…

詳細ページへ

ベントと工事桁で主桁を支持現場を巡る

横浜市 嶮山中央橋で斜材ケーブル交換

 横浜市は、青葉区にある嶮山中央橋の補修補強工事を進めている。同橋は、1974年に竣工した橋長80m、有効幅員6mの2径間PC斜張橋で、近隣には住宅地や小中学校、公園があり、小学校の通学路にもなっている人道橋である。今回は、補修補強工事のうち、斜材ケーブル交換工事をレポートする。(大柴功治)施工前の嶮山中央橋/既設橋梁一般図(赤字のケーブル位置は編集部で記載)ケーブル、定着部ともに損傷が発…

詳細ページへ

道路・橋梁の被害額は約150億円インタビュー

北海道 台風10号からの復興

 北海道は昨夏の台風10号を中心とした豪雨水害により甚大な損害を蒙った。道路・橋梁の災害に限定しても道と市町村あわせて、395箇所、約150億円に上っている。被災状況の特徴としては、河川の増水、蛇行による道路決壊が顕著で、橋梁でも橋台や橋脚の洗掘による損傷や桁の流失もさることながら、橋台背面の盛土や護岸が、濁流により大きく損傷し、道路としての態をなさない状況になっている箇所も少なからず…

詳細ページへ
お問い合わせ
当サイト・弊社に関するお問い合わせ、
また更新メール登録会員のお申し込みも下記フォームよりお願い致します
お問い合わせフォーム