道路構造物ジャーナルNET

『阪神高速道路』

年度内にもあみだ池筋~なにわ橋筋間の撤去が完了見込み業界ニュース

阪神高速 阿波座拡幅部鋼桁の桁撤去が進む

 阪神高速道路は、13号東大阪線および1号環状線から神戸・天保山方面へ向かう交通の合流部である阿波座付近で、交通渋滞対策のため縦目地(ゴムジョイント)を設けて1車線拡幅した箇所の桁撤去、縦目地を解消する形での再架設を行う鋼桁修繕事業を行っている。事業延長はあみだ池筋からなにわ筋を超えて四ツ橋筋手前までの約600mで幅員2~2.5mの拡幅桁が対象だ。桁撤去、架設に先立ち、桁を支える鋼製橋脚、RC…

詳細ページへ

(一財)災害科学研究所 社会基盤維持管理研究会 11月25日に大阪市のドーンセンター 7階ホールで業界ニュース

「橋梁の維持・更新に関する最新技術」講演会を開催

 (一財)災害科学研究所社会基盤維持管理研究会(松井繁之委員長、右肩写真)は、11月25日13時から大阪市中央区大手前1丁目3番49号のドーンセンター7階ホールで「橋梁の維持・更新に関する最新技術」講演会を開催する。橋梁の長寿命化に向けた現状と最新技術について様々な立場から携わる識者・技術者が講演を行う。新型コロナの影響により4年ぶりの開催となる今回は、各発注者で進む大規模更新が主体となる…

詳細ページへ

国道2号線を一部夜間完全通行止めして新設P3橋脚の梁部を架設業界ニュース

阪神高速道路 神戸線湊川付近高架橋で新設橋脚7基設置

 阪神高速道路は、大規模更新事業として神戸線湊川付近の鋼床版対策と耐震対策を兼ねた新設橋脚の増設を進めている。橋脚は全部で7基増設する予定で、8月20日の深夜から21日の未明にかけて国道2号線の一部を夜間全面通行止めして、クレーンの相吊りによる橋脚梁部の架設を行った。(井手迫瑞樹)国道2号線を夜間全面通行止めして施工(井手迫瑞樹撮影、以下注釈なきは同)

詳細ページへ
お問い合わせ
当サイト・弊社に関するお問い合わせ、
また更新メール登録会員のお申し込みも下記フォームよりお願い致します
お問い合わせフォーム