道路構造物ジャーナルNET

『長大PC橋の建設』

10m/sを超える強風、冬季の低温、2か月の工期現場を巡る

NEXCO西日本四国支社 「3つの課題」に対応した吉野川サンライズ大橋の防水・舗装工

 NEXCO西日本四国支社徳島工事事務所が建設を進めている徳島南部自動車道徳島JCT~徳島沖洲IC間が2022年3月21日に開通する。開通日は「令和4年3月21日、すなわち『4、3、2、1』」と小気味良いカウントダウンのようである。その開通日に向けて急ピッチで施工していたのが、吉野川渡河部に位置する吉野川サンライズ大橋(橋長1696.5m)などの床版防水約23,000㎡と土工部も含めた舗装工約90,000㎡の施工だ。…

詳細ページへ

上部工架設は全490ブロックを19か月という短期間で施工現場を巡る

NEXCO西日本 徳島南部自動車道 吉野川大橋(仮称)の上部工が終盤

 NEXCO西日本四国支社徳島工事事務所が建設を進めている徳島南部自動車道徳島JCT~徳島沖洲IC間の吉野川渡河部に位置する吉野川大橋(仮称)が終盤を迎えている。同橋は橋長1696.5mのPC15径間連続箱桁橋で、吉野川の最下流に同河川にかかる県内で47本目の橋梁として架設されている。以前取材した2020年4月にはエレクションノーズによる施工(2020年2月架設開始)が端緒についたばかりで架設桁架設による架設も…

詳細ページへ
お問い合わせ
当サイト・弊社に関するお問い合わせ、
また更新メール登録会員のお申し込みも下記フォームよりお願い致します
お問い合わせフォーム