道路構造物ジャーナルNET

東日本高速道路 維持管理リレー連載③

東北地方の高速道路における橋梁の劣化と維持管理

東日本高速道路㈱東北支社
技術部 上席構造物指導役

山田 金喜 氏

公開日:2015.01.16

5.今後の維持管理に向けて

(1)地域連携
 維持管理の高度なノウハウ、多様な情報を持つインフラ管理者として、東北大学に設置された「インフラマネジメント研究センター」と連携・協力の協定を結び、老朽化の進行が懸念されている東北地方全体のインフラマネジメントを推進することに参画している。産官学の域を超えてインフラの長寿命化および合理的な維持管理につながる研究開発を進め、技術の伝承および人材育成にも寄与する活動である。

(2)人材育成
少子高齢化の進展と土木への関心が弱まり、若手技術者の減少、さらに熟練技術者の退職による技術の伝承等、人材育成が課題となっているが、東北支社においても同様である。
 さて、私が所属する技術部には、当職を含めて(高度)専門家と呼ばれる4名のベテラン技術者がいて、土工、トンネル、舗装、橋梁をそれぞれ担当している。技術的な指導を行う役目を任ぜられているが、なかなか現地の若手技術者と交流する機会が持てないのが現状である。そこで、昨年度から「若手技術者と語る会」なる場を設けて、NEXCO3グループ(本体、エンジニヤリング東北、メンテナンス東北)で交流を図り始めた。
 90名近い対象者にアンケートを取り、技術に関する意識を把握した。将来、専門的にやりたい業務では「橋梁」も「舗装」に続き第2位になり、内心ほっとした。また、感動した土木の事業では、「黒部の太陽」、「アクアライン」、「本四架橋」等の有名な大規模事業が上位を占めたが、「東日本大震災への迅速な対応」も多数挙げられた。
 NEXCOグループが誇れる技術は?との問いに、「維持管理」も多数あった。新設事業が少なく、若手技術者はやりがいを持てずにいるのかな、という技術伝承を危惧する当方の思いを、見事に裏切ってくれた。彼ら(彼女たち)は、高速道路を守ることに、強い使命感と情熱を持っていることに大変驚ろかされた。
高速道路という重要な社会インフラを、末永く後世に健全な状態で引き継ぐために、持てる技術力と情熱で応えていかなければならないと、決意を新たにするものである。

【参考文献等】
1)RC床版取替工事(綱木川橋)
  宮越信、奈良康平、吉原直樹:プレキャストPC床版(PRC)を用いた床版取替工事
(プレストレストコンクリート、プレストレストコンクリート工学会、2014-1)
2)PC橋中間ヒンジの連結(八幡平橋)
  渡辺将之:PC3径間連続有ヒンジ箱桁橋の連続化について
   (土木学会東北支部技術研究発表会、平成20年度)
3)RC床版の健全度診断(FWD)
  金子健、曽田信雄、大西弘志:FWDを用いたRC床版の健全度評価
(第68回年次学術講演会講演概要集、土木学会、平成25年9月)
4)ポータルラーメン隅角部の構造合理化
  山田貴男、山口隆司、山田金喜、曽田信雄、他:支圧板方式を用いた複合ポータルラーメン橋剛結部に配置された孔あき鋼鈑ジベルの力学的挙動に関する実験的研究
(第10回複合・合成構造の活用に関するシンポジュウム講演集、土木学会、日本建築学会、2013年11月)
5)NSRV工法
  曽田信雄、武田弘次、佐藤信雄:PC橋の桁端狭隘部の調査・補修技術
(橋梁と基礎、建設図書、2012.12、46巻、12号)
6)GECS工法
  小林都、早坂洋平、他:橋梁桁端部へ適用する電気防食工法の一事例
(土木学会東北支部技術研究発表会、平成23年度)
7)SIP
  SIP「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」第1回シンポジウム
(内閣府、JST、NEDO、平成26年11月5日)
8)大規模更新・大規模修繕事業
  高速道路の大規模更新・大規模修繕計画(概略)
(NEXCO3社、平成26年1月22日)

【関連記事】
中日本高速道路リレー連載② 名古屋支社管内の高速道路における構造物の劣化と維持管理
中日本高速道路リレー連載① 中日本高速道路における大規模更新・大規模修繕事業の取り組み
東日本高速道路リレー連載⑥ NEXCO東日本の橋梁に関する更新事業の概要 
東日本高速道路リレー連載⑤ 関東支社管内の高速道路における橋梁の劣化と維持管理
東日本高速道路リレー連載④ 新潟支社管内の高速道路における橋梁の劣化と維持管理
東日本高速道路リレー連載② 北海道の高速道路における橋梁の劣化と維持管理
東日本高速道路リレー連載① 高速道路における橋梁の劣化と維持管理の課題を考える

ご広告掲載についてはこちら

お問い合わせ
当サイト・弊社に関するお問い合わせ、
また更新メール登録会員のお申し込みも下記フォームよりお願い致します
お問い合わせフォーム