道路構造物ジャーナルNET

これからは九州横断道路などに注力

九州地方整備局 東九州道残るは宮崎・鹿児島間

国土交通省九州地方整備局
道路部長

喜安 和秀 氏

公開日:2015.05.20

有明海沿岸道路は筑後川橋に着手
 徳益高架橋や沖端高架橋は上部工へ

 ――次に地域高規格道路ですが、有明海沿岸道路の進捗状況は
 喜安 徳益IC~柳川西IC間の自動車専用道路部(自専部)4.5㌔について、平成29年度の開通を目指し、改良、橋梁工事を進めます。下部工は昨年度迄にほぼ完了し、今後、上部工工事が本格化していく予定です。同区間の一般部は既に開通しています。
 大川東IC~大野島IC間3.7㌔の自専部については、昨年度2月21日に筑後川渡河部の筑後川橋の下部工に着手しましたが、今年度も引き続き、用地買収、橋梁、改良工事を進めます。
 佐賀県部の大川佐賀道路(佐賀市嘉瀬町~大野島IC間9㌔)について、用地買収を進めます。
今年度より橋梁改良工事に着手する予定です。


有明海沿岸道路の下部工

 ――中九州横断道路は
 喜安 国道57号大野竹田道路12.3㌔のうち、大野IC~朝地IC間6.3 ㌔が、平成27年2月15日に開通しました。引き続き、朝地IC~竹田IC(仮称)間6㌔について、平成30年度の開通を目標に用地買収、橋梁、改良工事を進めます。
 また、九州北部豪雨により被害を受けた滝室坂周辺の交通を良化するため、滝室坂道路6.3㌔を平成25年度に事業化しました。トンネルが主構造物で、今後、地質、水文調査、トンネル設計を進めます。

飯塚庄内田川バイパスで
 熊本北バイパスを4車線化

 ――一般改築事業は
 喜安 国道201号の飯塚庄内田川バイパス9.7㌔区間のうち、飯塚市下三緒~庄内工業団地交差点間1.4㌔が平成27年3月13日に開通しました。引き続き、庄内工業団地交差点~福岡県道口ノ原稲築線間1.2㌔について、平成28年度の開通を目標に橋梁工事を進めます。また、県道口ノ原稲築線~見立入口交差点間3.5㌔については、トンネル、橋梁工事を進めます。
 国道3号熊本北バイパスが平成27年3月28日に全線開通となりました。引き続き、国道3号~須屋交差点間1.8㌔の4車線化に向け、用地買収、橋梁、改良工事を進めます。

阿久根川内道路に着手

 ――今年度新規事業着手は
 喜安 今年度は、南九州西回り自動車道唯一の未事業化区間である阿久根IC~薩摩川内水引IC間を国道3号阿久根川内道路22.4㌔として新規事業化しました。今年度は測量を行う予定です。

ご広告掲載についてはこちら

お問い合わせ
当サイト・弊社に関するお問い合わせ、
また更新メール登録会員のお申し込みも下記フォームよりお願い致します
お問い合わせフォーム