HOME工法・材料ライブラリー「マジカルリペラー・マジカルリペラーHV」 ~高濃度の材料で高い性能を確保~

工法・材料ライブラリー

カジマ・リノベイトのシラン・シロキサン系 表面含浸材
「マジカルリペラー・マジカルリペラーHV」~高濃度の材料で高い性能を確保~

施工状況
KeyPoint
  1. 優れた吸水防止効果と耐久性でコンクリート構造物の劣化進行を抑制し耐久性を向上
  2. 有効成分が高く浸透性に優れているため、塗布方向に関わらず1回の塗布で十分な効果を発揮
  3. 土木学会 表面保護工法設計施工指針(案)の性能グレードAの評価値をクリア
カテゴリー NETIS登録番号 TS-030006-V
商品直接リンクアドレス
 カジマ・リノベイトは、コンクリート構造物の劣化抑制を目的としたシラン・シロキサン系表面含浸材「マジカルリペラー」「マジカルリペラーHV」を展開している。マジカルリペラー・マジカルリペラーHVを塗布するとコンクリート表面に含浸し、表層に水分や塩分の浸入を抑制する吸水防止層を形成する。
 従来の製品は低粘度の液体であるため、何度も材料を塗布していたが、マジカルリペラー・マジカルリペラーHVは高濃度のクリーム状やジェル状の材料なので、コンクリート表面にとどまりやすく1回の塗布で十分な効果が得られる。また、コンクリート表面を膜で覆わないので、コンクリート内部の水分を水蒸気として外部へ透過させ、内部に水分がこもらない。
 実績は、国土交通省、NEXCO、JR、地方自治体を中心に、130万㎡を超える。
 性能については土木学会の試験規格ですべでの項目でグレードAをクリアしている。また、NEXCO3社の含浸材の規格に合格している。効果の持続性については、北海道の複合劣化地域で10年間の暴露試験を実施することで確認している。
 3種類の仕様がある。マジカルリペラーは既設構造物向け、マジカルリペラーHV(塗布量:100g/㎡)は新設構造物向け、マジカルリペラーHV(塗布量:200g/㎡)は凍害対策用としている。

■施工実績

●第二東名高速道路 引佐地区はく落対策工事
場所:静岡県浜松市
発注者:中日本高速道路
施工数量:42,200㎡

●第二東名高速道路 富士東地区はく落対策工事
場所:静岡県富士市
発注者:中日本高速道路
施工数量:18,800㎡

●第二東名高速道路 掛川地区はく落対策工事
場所:静岡県島田市、掛川市、磐田市
発注者:中日本高速道路
施工数量:96,500㎡

●首都圏中央連絡自動車道 相模原IC~高尾山ICはく落対策工事
場所:神奈川県相模原市
発注者:中日本高速道路
施工数量:116,000㎡

その他、130万㎡を超える実績がある。

■担当者連絡先

カジマ・リノベイト株式会社 技術部 担当 神谷・前山
〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-20
電話03-5379-8771 FAX03-5379-8774
majical-repeller@kajima-renovate.co.jp

【ホームページ】
http://www.kajima-renovate.co.jp/