道路構造物ジャーナルNET

日沿道は道半ば、上越、磐越両道の4車線化も希求

新潟県 豪雪、大河川、橋梁整備はまだまだ必要

新潟県
土木部 道路建設課長

中田 一男 氏

公開日:2015.07.01

 ――他、施工中の橋梁・トンネルは
 中田 施工中の橋梁は、旭橋、朝日大橋を入れて11橋あります。但し100㍍を超える長大橋は先の2橋を除いては国道404号の長岡市内に架設している(仮称)オフランプ橋のみで、後は全て100㍍以下です。
 ――着工予定の橋梁・トンネルは
 中田 橋梁はいずれも50㍍以下の6橋に着工する予定です。
 トンネルは佐渡一周線の跳坂トンネル(延長58.9㍍)の拡幅に着手します。佐渡金山は世界遺産への登録を目指していますが、跳坂トンネルの幅員は5.5㍍と内空断面も20.67平方㍍と小さく、観光バスが通ることができません。そのため、幅員を8㍍、内空断面を49.8平方㍍にそれぞれ拡大するべく工事するものです、
 ――設計中の橋梁は
 中田 主要地方道新発田津川線の(仮称)白川大橋について詳細設計を発注予定です。また、国道292号の猿橋橋については詳細設計中です。


新潟県の施工中・施工予定橋梁一覧

 ――新技術・新材料の活用について
 中田 新技術については建設部門だけでなく、管理部門と情報を相互に交換しながら構造物の長寿命化に寄与する工法・材料を活用しています。エポキシ樹脂塗装鉄筋やエポキシ樹脂被覆PC鋼より線、コンクリート保護塗装などはその例と言えます。
 ――ありがとうございました

ご広告掲載についてはこちら

お問い合わせ
当サイト・弊社に関するお問い合わせ、
また更新メール登録会員のお申し込みも下記フォームよりお願い致します
お問い合わせフォーム