HOME業界ニュース一覧レジテクト工業会 3月8日15時から宮里心一教授による講習「コンクリート構造物の劣化と延命化対策」をZOOM配信

業界ニュース詳細

ダイフレックスが橋梁維持補修事例についても紹介

レジテクト工業会 3月8日15時から宮里心一教授による講習「コンクリート構造物の劣化と延命化対策」をZOOM配信

 レジテクト工業会は、3月8日15時から金沢工業大学の宮里心一教授を招いて、「コンクリート構造物の劣化と延命化対策」(CPDS登録講習会 登録番号No.621985 ユニット数:2)と題した講習をZOOMにて配信する。一般視聴も可能。

 講演内容は①コンクリート構造物の劣化の現状を踏まえ、主たる劣化のメカニズムについて示す、②劣化速度の速い塩害に着目し、ひび割れ部におけるマクロセル腐食に関する説明、③塩害の影響を受ける構造物を対象にしたアセットマネジメントに関して、④地方自治体、特に市町村が管理する道路橋に対するメンテナンスの効率化を図る、官学連携の取組みについて――など。

 当日は、同工業会の構成会社の1社であるダイフレックスが橋梁の維持補修事例についても紹介する。先着100人まで。

 問い合わせは、URL:https://forms.gle/w4jPWzuxfiwcZbxg8 まで。

 同工業会では、今後も識者による講習会をZOOM配信する予定だ。