HOME工法・材料ライブラリー「レザーバック工法」 ~軽量簡易型・高周波振動スクリード~

工法・材料ライブラリー

東京コンクリート技研の簡易コンクリート打設・コンクリート舗装機械
「レザーバック工法」~軽量簡易型・高周波振動スクリード~

既設橋のコンクリート舗装施工
KeyPoint
  1. 土木仕様4・5ー5・5-40の固練りコンクリートを打設できる「簡易舗装機械」です
  2. 打設幅員は1・5m~最大20m、両勾配コンクリート打設が簡単に施工できます
  3. 鋼繊維混入の特殊コンクリート、超速硬、12h、1dayコンクリートも打設可能です。
カテゴリー NETIS登録番号
商品直接リンクアドレス

 東京コンクリート技研は、橋梁床版のSFRC、港湾、空港、防衛施設の特殊コンクリートと土木仕様コンクリートの施工を長く行ってきました。

 近年、道路橋RC・鋼床版の劣化が進み、SFRCやジェットコンクリートによる断面修復、増厚工事が増えつつあります。床版取替には、時間・コストとも多くかかり、全ての工事を行うには莫大なコストが必要になります。

 道路管理者は特に劣化の進んだ箇所を、WJはつり~鉄筋防錆処理~高性能エポキシ樹脂系接着剤~ジェットコンクリート打設~防水~アスファルト舗装の作業を1週間工程で行っています。また、国交省、自治体の管理する橋長30m以下の橋は、60~70万橋と言われ、その大部分は維持管理が不十分な状況です。

 コンクリート施工は下地の状況にも関係しますが、基本は単位水量の少ない固練りコンクリートに適正な振動をかけ、十分に締め固めを行うことで耐久性を確保できます。弊社レザーバック工法で、現状に合わせて柔軟に作業を行い、コスト縮減と耐久性向上を実現します。



■施工実績

高速道路 東名道、中央道、東北道など各所の新設および既設鋼床版、RC床版の超速硬コンクリート・早強コンクリート打設。高性能エポキシ樹脂系接着剤塗布、料金所の新設・補修コンクリート舗装施工、簡易グルービングなど
空港 羽田、成田空港のエプロン新設・改修舗装、皿型排水溝勾配打設
港湾 東北、関東地区など埠頭岸壁新設、補修コンクリート舗装
防衛 米軍横田、横須賀など滑走路 格納庫 整備場などのコンクリート舗装
自衛隊各基地のコンクリート舗装

■担当者連絡先

東京コンクリート技研株式会社

代表取締役

野川 静夫

〒175-0091 東京都板橋区 三園2-16-8

TEL 03-6909-9636

s-nogawa@tcg-kk.com

【ホームページ】

http://www.tcg-kk.com