HOME業界ニュース一覧NEXCO中日本 中央道平出高架橋床版取替工事を公開

業界ニュース詳細

疲労や塩害で損傷した床版を取替

NEXCO中日本 中央道平出高架橋床版取替工事を公開

 中日本高速道路は6月12日、中央自動車道伊北IC~岡谷IC間の架かる平出高架橋(下り線)の、大規模リニューアル現場を公開した。同高架橋は1981年3月に供用された橋長約150mの4径間連続非合成鈑桁橋。同橋を含む区間は1km当たり年17tの塩分を含む凍結防止材を散布していること、断面交通量35,000台/日(片側17,500台/日)で大型車混入率は29.5%と疲労損傷の目安となる大型車通行量3,000台/日を超えている。そうしたことから、疲労や塩害による損傷が進んだ。平成9年には60mmの床版増厚や防水(GⅠ)を行ったが、鉄筋腐食の促進なども見られることから、既設床版を撤去し、新たにプレキャストPC床版に取り換える工事を行っているもの。


現場遠景

 同橋は曲線かつ斜角(69~82°)を有し、横断勾配も中分から路肩側に4%程度下り勾配を有している。そのため路肩側の床版や地覆、高欄の損傷が大きい。床版は部分的に鉄筋が溶けて消失しているような所も見つかったという。また両側の張り出し床版水切り部の損傷も激しかった。一方で縦断勾配は0.4%とほぼ無きに等しい構造であった。

曲線かつ斜角を有していることが分かる

現場で掲示されている一般図。斜線部が床版取替部分

 撤去手順は、まず床版上の舗装を切削後、高欄を切断撤去する。次いで既設床版を橋軸方向に2m強、橋軸直角方向を半割(5m強)に切断して撤去(1枚当たり約5t)し、上フランジ上面のコンクリートの残滓や既設スタッドなどを除去した後、プレキャストPC床版パネル(橋軸1.65×橋軸直角9.620m、11t)を設置する工程を繰り返す。一日平均で既設床版を12枚撤去し、新設床版を6枚設置していく。床版パネルは斜角を考慮して製作しており、端部で現場打ちする必要をなくしている。

取材当日は既設床版を撤去していた/ガラなどが落ちないように覆ってクレーンで後ろのトラックに運ぶ

 民家が隣接しているため、騒音や振動の問題には配慮する必要があり、土日は撤去までで作業をやめ、騒音の出るケレンなどの作業は平日に行う。そのため土日はプレキャストPC床版パネルを架設することができないが、間詰めコンクリートの打設を進めていく予定。

 施工は伊北IC側から岡谷IC側の方向にクレーンを用いての片押しで進めている。昨年の秋に伊北側の2径間分(32枚、約700㎡)は施工を終えており、今回の工事では残り40枚のプレキャストPC床版パネル(約800㎡)を設置する。


 本工事ではプレキャストPC床版にSLJスラブを採用した。継手はエンドバンド継手(右写真)を使用しており、従来のループ継手と比較して間詰め部を短く、かつ薄くできるため、床版全体の厚さおよび重量を抑制できる。間詰め部のコンクリートは塩害などを考慮して高炉スラグ微粉末入りのコンクリートを採用している。なお、床版の鉄筋および継手部のエンドバンド鉄筋および橋軸直角方向の鉄筋はエポキシ樹脂塗装鉄筋を採用している。また高欄は現場打ち施工だが、ここでもエポキシ樹脂塗装鉄筋を採用している。

 加えて桁端部の騒音振動や漏水による劣化を抑制するため、延長床版を用いる。

 壁高欄から張出床版の下面にかけてはシラン系含浸材を塗付、また高欄の外側および張出床版下部には補修後もコンクリート表面のひび割れなど変状が視認できる剥落防止工(NAV-G工法(UV仕様))を採用する予定だ。

 床版設置後の防水工は高性能床版防水(GⅡ)を採用する。

 施工はオリエンタル白石・熊谷組JV。
(井手迫瑞樹、2018年6月13日掲載、詳細は7月中旬に『現場を巡る』コーナーで掲載予定です)