最新インタビュー

技術開発の大方針は現場のイレギュラーに対応できる人づくり

阪神高速技術 3つの組織が1つになって大きく伸長

阪神高速技術株式会社
代表取締役社長
南荘 淳 氏
 阪神高速技術は2005年に3つの組織(後述)を糾合して作られた維持管理を専門とする阪神高速道路の子会社である。他の高速道路会社の維持管理子会社と異なり、点検から補修までを「トータルマネージメントできる」(南荘 淳社長)のが強みで、最近は阪神高速道路の保全業務だけでなく、国や自治体の保全業務にも積極的に入札参加している。今回は南荘社長にご自身のキャリアを含め、そのキャリアを踏まえて、会社をどのように発展させていこうとしているのか、…
拡販を図るべくESCON協会を設立

第三世代の超高強度コンクリート「ESCON」

ESCON協会
会長
森元 峯夫 氏
 エスイーが開発した「ESCON」は、曲げ引張強度が普通コンクリートの7~10倍、圧縮強度150N/平方㍉もある超高強度コンクリートである。従来の超高強度コンクリートと違い、コンクリートと混練する繊維は合成繊維であるため、「点錆や腐食を起こすこともない」(森元峯夫会長)という。同社はRC(鉄筋コンクリート)、PC(プレストレストコンクリート)に次ぐ第三世代のコンクリート構造を担う材料として拡販を図るべくゼネコン各社他、PC業界やプレキャスト二…
2017年新年インタビュー③

熊本市 落橋・通行止めに至った橋梁は19橋 一部でも損傷している橋梁は416橋に達する

熊本市都市建設局
土木部 道路整備課長
沼野 猛 氏
 熊本市は、今回の熊本地震で大きな被害を受けた。道路構造物でも白川橋に象徴的に示されているように落橋・通行止めに至った橋梁が19橋、一部でも損傷した橋梁は416橋に上った。そうした地震からの復興をはじめとして、地震で露呈したリダンダンシーの不足を解消するための西環状道路の整備、地震に備えた耐震補強の進捗を早めるための施策などの話題について、熊本市都市建設局土木部の沼野猛道路整備課長に詳細を聞いた。(井手迫瑞樹)鋼製支承が損壊した白…
2017年新年インタビュー②

熊本県 道路被害額は約460億円 上益城地区と阿蘇地区で被害額の94%を占める

熊本県土木部
道路都市局
道路保全課長 長井 英治 氏/道路整備課長 上野 晋也 氏 
 熊本県は、今次の地震で国道325号阿蘇大橋や県道熊本高森線の俵山ルートなど主要な幹線道路を含む管理道路が多数被害を受けた。地震直後には最大で114箇所の通行止めを惹起するなど、県が管理する道路も大きな被害を受けた。国道325号の阿蘇大橋や府領第一橋の落橋、俵山大橋や大切畑大橋の甚大な損傷は記憶に新しいところだ。そうした地震からの復興の話題を中心に、建設中の新天門橋や道路構造物の長寿命化修繕計画等も含め、詳細を道路都市局の長井英治道路…
2017年新年インタビュー①

NEXCO西日本 熊本地震からの復旧、大規模更新事業の進捗を聞く

西日本高速道路株式会社
取締役常務執行役員(保全担当)
高倉 照正 氏
2017年最初のインタビューは西日本高速道路の高倉照正取締役常務執行役員(保全担当)にご登場いただいた。震度7が28時間という短期に2回発生するという未曽有の地震であった熊本地震後の余震が燻る中、夜を徹した点検、その後GW開始までに一部規制を伴い間欠交通ながらも大半の路線で復旧を成し遂げ、来年度末までの本復旧を急ぐ同社及びグループ会社、協力会社などの英雄的な努力を第一章で聞く。また、第二章では、熊本地震を踏まえたロッキングピアなどを有…

現場を巡る

京都府の耐震補強工事初 詳細設計付補強工事発注

京都府・山家橋 複雑な形状を有する鋼ランガートラス桁の耐震補強

 京都府は綾部市内のJR山家駅に程近い、由良川渡河部に架かる山家橋の耐震補強工事を進めている。同橋は、鋼単純ランガートラスの横桁の上に鈑桁の支承がゲルバーのように載っている(写真)構造。複雑な形式かつ、古い橋梁のため損傷も考慮した耐震解析・補強設計を行う必要があるが、コンサルタントによる(足場を用い…
1号羽田線を夜間通行止め 東京モノレールのき電停止時間内に施工

首都高速 大井水管橋のP1~A2を撤去、トラス桁に再架設

 首都高速道路は、昨年10~11月にかけて東京都水道局が所管する大井水管橋(2径間鋼ランガー補剛桁、165㍍)のうち、1号羽田線および東京モノレール上に架かるP1~A2(約80㍍)の桁撤去およびトラス桁形式への架替えを行った。首都高速1号羽田線(東品川桟橋・鮫洲埋立部)更新工事の一部を成すもの。更新後の高速1号の桁…
鋼単純合成桁RC床版の取替により鋼桁の外ケーブル補強を施工

NEXCO中日本 中央道小早川橋・弓振川橋の鋼橋RC床版を取替

 中日本高速道路は、八王子支社管内の中央道諏訪南IC~諏訪IC間の小早川渡河部および弓振川渡河部にある小早川橋・弓振川橋下り線について、10月11日~11月30日の51日間両IC間の下り線を閉鎖し、上り線を対面交通規制にした上で、損傷した床版・壁高欄・遮音壁の取替および高性能床版防水の設置などを行った。凍結防止剤…
日本鋼構造物循環式ブラスト協会 自治体などから約40人が参加

品川区 勝島橋で循環式エコクリーンブラストの現場見学会を開催

 日本鋼構造物循環式ブラスト協会は、12月12日に品川区発注の勝島橋補修工事(元請:大旺新洋)で、循環式エコクリーンブラスト工法の現場見学会を開催した。現場見学会には埼玉県、さいたま市、横浜市など自治体などから約40人が参加した。勝島橋は大井競馬場に程近い京浜運河に架かる橋長150.2㍍の鋼4径間連続非合成鈑…

連 載

南三陸国道で行われる受発注者の協働思考 高品質のトンネルを実現するには

シリーズ「コンクリート構造物の品質確保物語」⑮

横浜国立大学
大学院 都市イノベーション研究院
准教授 
細田 暁 氏
 インタビューシリーズの第3回目は、南三陸国道事務所事業促進PPPチームで復興道路(三陸沿岸道路・釜石山田工区)の主任技術者を務める加藤ひろし氏(下写真、井手迫瑞樹撮影)に話を聞いた。長年のトンネルマンとしての覆工コンクリートへの知見、保全業務に携わり感じたトンネル覆工コンクートへの危機感、指揮を執っ…
⑭新年の抱負

民間と行政、双方の間から見えるもの

富山市
建設技術管理監
植野 芳彦 氏
本音の10分の11.年の初めに 皆様、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。 さて、今回は新年に当たり、八田橋の続報と、これから先、どうなるかわかりませんが、現在考えていることを、述べさせていただこうかと思います。 この連載も、結構、皆さん読んでいただいているようで、お会いする…
-分かっていますか?何が問題なのか-㉑酉年の新年に期待すること

これでよいのか専門技術者

(一般財団法人)首都高速道路技術センター
上席研究員
髙木 千太郎 氏
JR福知山線事故と耐震強度偽装事件 意識フェーズが重要はじめに~一回り前の酉年を振り返る~ 2017年(平成29年)1月1日、今年は酉年である。十二支及び干支における酉年の特徴は、第一に商売繁盛、第二に物事が頂点に極まった状態(大きな成果を得る状態)となると言われている年回りとのことである。さて、本当に良い…
シリーズ「コンクリート構造物の品質確保物語」⑭

南三陸国道で行われる受発注者の協働思考 「品種改良」と現場力、リーダーシップ

横浜国立大学
大学院 都市イノベーション研究院
准教授 
細田 暁 氏
 インタビューシリーズの第2回目は、復興道路で実際の現場を担っているIHIインフラ建設の田中実氏に話を聞いた。求められる技術の変遷から始まり、同事務所管内事業の現場での「品種改良」の実例、現場を率いるリーダーシップの発揮の仕方、など多岐に渡る面白いものとなった。その詳細をお伝えする。(聴き手:細田暁・…

『工法・材料ライブラリー』『記事』更新履歴

2017年1月15日 業界ニュース 日本橋梁建設協会が新年交礼会
2016年12月4日 業界ニュース 池田甫氏を偲び「技術講演会」を開催
2016年11月2日 業界ニュース 第9回道路橋床版シンポジウムを開催
2016年8月5日 業界ニュース 新名神高槻~神戸間は開通を1年延期
2016年7月20日 業界ニュース 沖縄コーテックが本社・工場を移転
2016年7月11日 業界ニュース PC床版継手工法研究会に6社が新規入会
2016年7月7日 業界ニュース 国道176号の通行止めを解除
2016年7月5日 業界ニュース 阿蘇大橋架け替え橋の橋長は600~700㍍
2016年6月22日 業界ニュース 鋼橋技術研究会が定期総会を開催
2016年6月7日 業界ニュース 橋梁建設事業協同組合 橋本会長が留任