HOME現場を巡る一覧

現場を巡る 一覧

橋梁、トンネル、のり面などの点検や補修補強などの現場、各地の新設事業の現場を歩き、レポートするコーナーです。

工期を約4割短縮、高炉スラグ微粉末を混入し塩害への耐久性も高い

DAK式プレキャスト壁高欄工法研究会が発足~壁高欄の工期を大幅に短縮~ 

中央道 沢底川橋を片側53日で施工

NEXCO中日本 国内初 PC連続合成桁を対象とした床版増厚・PC外ケーブル補強の併用工法

12社400橋が不正、156橋が技量不足や溶接記号誤認識などによる不具合、自治体調査はこれから

落橋防止装置の溶接不良 45都道府県556橋に拡大

11日間かけて施工、新技術・点検手法も導入

阪神高速 5号線上下5.3㌔をフレッシュアップ

開通前にマスコミ向けに先行公開

10月31日に圏央道桶川北本IC~白岡菖蒲IC間10.8㌔が開通

電磁波レーダー搭載車でスクリーニング、極小径のコアを開けてカメラにより詳細調査

Single i 工法、床版キャッチャーを北海道で試験施工

バイオハクリX-WB、ヒートレッドM-1、ブリストルブラスターを活用

NEXCO東日本 綱木川橋で鉛含有塗膜を除去

国土交通省 年内に提言をまとめる

落橋防止装置等の溶接不良に関する有識者委員会を開催

東日本高速道路 鋼3径間連続トラス橋×3連の長大橋

片品川橋上部工の耐震補強 1500㌧ジャッキで支承交換

アラミド製ロッドを用いて鉄を一切使わない

長崎道の工事用道路で「夢の非鉄製PC橋」の実証橋を建設

昼夜連続の車線規制で施工

名古屋高速道路 高速5号万場線11万4000平方㍍の舗装を修繕

母材の損傷を最小限に抑制

Single i工法 極小の削孔で床版内部の的確な調査が可能

西日本高速道路 中国道菅野川橋

45度の斜角を有する菅野川橋の床版取替

NEXCO西日本 1000μの厚膜を一発で剥離

関門橋で既存塗膜の撤去にRPR工法を初採用

阪神高速 大型FC船「武蔵」を使って架設・撤去

港大橋の橋梁点検台車を最新鋭に更新

塩害で大きく損傷した桁の補修補強

新潟県 新胎内橋の補修補強

ミストブラスト、塗膜剥離剤などを試験施工

阪神高速 今年度内に塗膜除去方法マニュアル化へ

床版増厚は層間剥離により損傷

東北道福島西IC~福島飯坂IC間での2橋同時施工による床版取替

千駄ヶ谷付近のゲルバー構造を持つPC箱桁橋

首都高速 供用しながら3カ所のゲルバー部を改良

舗装工事約16万9千平方㍍、伸縮継手交換160レーンなど対策

阪神高速道路 3号神戸線リフレッシュ工事

6月7日17時に開通 圏央道と東関東道水戸線が接続

圏央道神崎IC~大栄JCT間を現場公開

堀切・小菅JCT間約560㍍を4車線化

首都高速道路で免震と制震を合わせた橋梁全体の耐震設計を採用

約32万㎡の床版防水工を約6ヶ月という短期間で完了

首都圏中央連絡自動車道 幸手舗装工事における高性能床版防水工の施工

NEXCO東日本 圏央道 桶川第5高架橋で採用

RCプレキャスト壁高欄で工程を約半分に短縮

一般財団法人災害科学研究所とPCM工法協会が共同で

国道9号大垣橋でSPCM下面増厚補強後20年の経年調査

けい酸塩系は新設、シラン系は既設への塗布を想定

JR西日本 RCラーメン橋の横梁、縦梁に含浸材塗布を検討

関西圏で初めて浸透性プライマーを採用

神戸大橋取付部で予防保全的に床版増厚

首都高速道路 

塗装塗り替え工事の火災防止策について中間とりまとめ

非鉄金属系で表面錆も生じず、粉じん量も抑制

6000回再利用可能な研削材で鋼製歩道橋を1種ケレン

縦目地を作らず拡幅、鋼管集成橋脚を犠牲橋脚に

阪神高速西船場ジャンクション工事の設計概要

福岡高速1号線百道ランプ橋

溶射被膜を初めて塗り替え

名神高速道路 蝉丸橋・追分橋の耐震補強

新神戸トンネル(北行き)天井板撤去工事の概要

約4・8kmの天井板を夜間通行止めで撤去 ~32号新神戸トンネル~

3540㍍の海洋架橋を10年間で施工 

伊良部大橋の建設を振り返る

NEXCO東日本 1日交通量10万台の重交通路線を夜間通行止めして施工

京葉道路上に1夜間で3橋を一挙に架設