HOME業界ニュース一覧NEXCO東日本 相馬IC~新地IC間で5000m3の土砂が崩落 早期復旧に向け全力

業界ニュース詳細

相馬~亘理間では橋梁段差も

NEXCO東日本 相馬IC~新地IC間で5000m3の土砂が崩落 早期復旧に向け全力

 東日本高速道路は、13日23時過ぎに起きた福島宮城地震により相馬IC~亘理IC間を現在(2月14日16時)、通行止めしている。東北支社管内では、地震によって生じた常磐自動車道の切土のり面崩落からの早期復旧に向け、全力で土砂の排除を行っている。(井手迫瑞樹)

被災状況


 発生個所は常磐自動車道相馬IC~新地IC間の268.9KP付近で、本線脇の切土のり面が、幅70m×高さ15m×奥行10mの範囲にわたって崩落した。崩落した土砂量は約5,000m3。現行2車線に渡っているが、現在施工中の4車線化現場内には達していないいうことだ。

 現在はバックホウ7台、ダンプトラック32台を使って、崩落土砂および岩塊の搬出を進めている。

 一方で同様に地震によって橋梁ジョイントの段差が2箇所認められており、その復旧も急いでいる。完全復旧には数日程度かかる見込みだ。(2021年2月14日掲載)