HOME業界ニュース一覧ヤマダインフラテクノス 「日本で一番大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞を受賞

業界ニュース詳細

ヤマダインフラテクノス 「日本で一番大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞を受賞

 鋼構造物の塗膜品質の向上及び、塗膜除去の際の安全性向上などに寄与する循環式エコクリーンブラスト工法を推し進めているヤマダインフラテクノスが、このほど「日本で一番大切にしたい会社大賞」(主催:人を大切にする経営学会など3者、後援:経済産業省、厚生労働省、中小企業庁、中小企業基盤整備機構など)の審査委員会特別賞を受賞した。

 同大賞は過去5年以上に渡って①人員整理をしていない、②仕入先や協力企業に対し一方的なコストダウン等していない、③重大な労働災害等を発生させていない、④障がい者雇用は法定雇用率以上である、⑤営業利益・経常利益ともに黒字、⑥下請代金支払い遅延防止法など法令違反をしていないーーことを満たした応募会社の中から選ばれる。

 同社の山田博文社長は、受賞に際し、「このたびは、大変名誉ある賞を頂き心より感謝申し上げます。弊社は、鋼製橋梁を中心とした塗装修繕による長寿命化対策を主事業としていますが、「ゴミを減らして世界を変える」という精神のもと、環境に最大限の配慮をすることに精力を注いできました。そのための新技術の開発や技術力の向上を図りながら“人”と“環境”に優しい社会づくりを社員や協力会社とともにめざしてまいりました。この度の受賞を大きな励みとし、社員、協力会社とワンチームで更なる社会貢献につながる活動に邁進してまいります」と語った。(2020年3月25日掲載、井手迫瑞樹)