HOME業界ニュース一覧国土交通省 2020年度に着手する4車線化候補箇所を発表

業界ニュース詳細

15箇所約110kmを選定

国土交通省 2020年度に着手する4車線化候補箇所を発表

 国土交通省は10日、2020年度に新たに着手する高速道路の暫定2車線区間の4車線化の候補箇所として、15箇所約110kmを選定したことを発表した。昨年9月に策定した「高速道路における安全・安心基本計画」で4車線化の優先整備区間(約880km)を定めていたが、災害、渋滞、事故発生箇所などを総合的に勘案して、今回の選定を行った。財源は財政投融資を活用する。

 候補箇所は、道東自動車道 占冠IC~トマムIC(約19.9km)、東海北陸自動車道 白川郷IC~五箇山IC(約10.1km)、松山自動車道 伊予IC~内子五十崎IC(約9.7km)など。

 そのほか、財政投融資を活用して、新名神高速道路(大津~紀陽、八幡京田辺~高槻)の6車線化、および首都圏中央連絡自動車道(横浜湘南道路、高速横浜環状南線)の整備加速を進める。



4車線化候補箇所

(2020年3月10日掲載)