HOME業界ニュース一覧国土交通省 道路関連補正は2414億円

業界ニュース詳細

国土交通省 道路関連補正は2414億円

 2019年度補正予算案が通常国会を通過し、国土交通省関連には1兆3,044億円が配分された。道路関係予算はそのうち2,414億26百万円が充当された。内訳は東日本大震災からの復興の加速化として520億円、無電柱化に120億円、ミッシングリンクの整備などに911億9百万円、道路橋梁などの損傷防止対策などに270億円、道路インフラの老朽化対策に202億85百万円、農林水産業等の成長産業化・輸出産業化のための道路・港湾などが連携したインフラ整備に287億70百万円、高速道路の整備などに98億40百万円など。

 主な配分事業は、山陰自動車道出雲~仁摩(18億円)、三陸縦貫自動車道(気仙沼~唐桑南)(10億円)、ゼロ国債で日本海沿岸東北自動車道酒田みなと~遊佐(6億円)など。


 興味深いところでは、港湾局関係予算の「走錨事故の防止などに関する緊急対策」に37億47百万円を充当している。関空連絡橋や南本牧はま道路の桁損傷は記憶に新しく、防衝工の設置は急務といえる。鉄道関連予算では鉄道施設総合安全対策事業として、鉄道河川橋梁の流失など防止対策や鉄道に隣接する斜面からの土砂流入防止対策、地下駅などの浸水対策として100億12百万円、青函トンネルの改修・更新費用(先進導杭の変状対策など)に4億85百万円を充てている。(2020年2月4日 井手迫瑞樹)