HOME業界ニュース一覧「橋術家(ARCHIST)」ラインナップの小規模橋梁断面修復材料を発売開始

業界ニュース詳細

福美建設 材料ロスを回避するため現場にあった量を提供

「橋術家(ARCHIST)」ラインナップの小規模橋梁断面修復材料を発売開始

 福美建設はブランド『橋術家ARCHIST(アーチスト)』より、小規模橋梁の断面修復工に用いる材料ラインナップについて3日から発売開始した。『橋術家ARCHIST』は、小規模橋梁の調査点検および補修工事の効率化・スマート化をコンセプトとした、アプリケーションや材料、ツールなどの総合ブランド。今回発売する断面修復材料は、ポリマーセメントモルタル、防錆剤、プライマーの3種で、一般的な材料より少量の荷姿にしたもの。一般に補修材料は開封後の保存がきかないため、小規模な現場では少なからずロスが発生する傾向にある。少量使い切りの商品を求める施工現場の声に応え、小規模補修用の材料を商品化したもの。例えば、断面修復用ポリマーセメント D-PCMでは、一般的な商品が20㌔入りなのに対し10㌔入りとした。施工厚30㍉で計算した場合、一袋で約0.28平方㍍、約52㌢角の断面欠損部を補修可能だ。


 防錆剤「D-B(無機系)」は、亜硝酸塩系防錆材及びアクリル系粉末ポリマーを既調合したプレミックス材で、水を加えて練混ぜるだけでポリマーセメント系防錆ペーストとして使用できる。防錆剤は亜硝酸塩系なので「鉄筋の不動態皮膜形成を促し、長期にわたる防錆効果を発揮する」(同社)としている。


D-B(無機系)/D-PCM(厚付軽量)

 ポリマーセメントモルタル「D-PCM(厚付軽量)」は、アクリル系粉末ポリマーを添加したプレミックスモルタルで、水を加えて練混ぜるだけで厚付け用ポリマーセメント系軽量断面修復材として使用できる。軽く、作業性に優れるため、上向きの施工部位でも一度に厚付け・充填することができ、建築・土木構造物における欠損部の断面修復に適している。

 プライマー「D-Pr(エマルション)」は、下地のコンクリート面に予め塗布することで、素地の吸い込みを抑制し、ドライアウトを防止、付着強度の向上・安定化をもたらす。また、セメント系塗り材料の仕上げ面に塗布することで、表面の急激な乾燥を防ぎ、ひび割れの発生を抑制すると共に、安定した強度発現をもたらす。


D-Pr(エマルション)

 同社は、他の工種の材料についても開発を進めており、アプリやツールと併せて、小規模橋梁補修をトータルでカバーする製品を展開していく予定だ。


【関連記事】