HOME現場を巡る一覧

現場を巡る 一覧

橋梁、トンネル、のり面などの点検や補修補強などの現場、各地の新設事業の現場を歩き、レポートするコーナーです。

本線上および供用中の街路上を一部使用して設置

外環道トンネル新設工事の掘削土を5.5kmにおよぶ長大コンベヤで搬出

長寿命化と生活道路の整備も重要

仙台市 震災復興とコンパクトシティ・プラス・ネットワークを推進

施工方法を河川上から陸上に変更し架設期間3分の1に

首都高速 堀切小菅間拡幅工が大詰め迎える

新設構造物の建設時の軽微なひび割れやかぶり不足などの初期欠陥個所に対する補修用途

JR西日本 3種類のけい酸塩系含浸材を暫定認定

鋼桁重量は470t  多軸移動台車上の総重量は710tに及ぶ

中日本高速道路名古屋工事 名古屋西JCT島井高架橋内回り線を夜間架設

着手から1年半の短期間で完了、9月14日供用へ プレキャスト部材を多用

首都高速道路 1号羽田線東品川桟橋・鮫洲埋立部上り線迂回路を現場公開

自走式ロボットで上信越自動車道碓氷橋のケーブルを点検

西松建設「コロコロチェッカー」 近接目視と同レベルの斜材保護管調査を実現

横浜青葉IC首都高北西線専用ランプ橋建設工事で40mの桁ブロック

首都高北西線専用ランプ橋の東名横浜青葉ICランプ上での夜間架設

ベントと工事桁で主桁を支持

横浜市 嶮山中央橋で斜材ケーブル交換

大分県日田市・中津市、福岡県朝倉市・東峰村など

九州北部豪雨で生じた道路被災の現場を歩く

天竜川橋の床版取替えと辰野TN補修補強を施工

NEXCO中日本 中央道辰野TN~伊北IC間改良工事の現場を公開

伸縮量は小さいが過酷な供用条件下で長期耐久性を期待

大三島島内の明日本川橋でヒノダクタイルジョイントαが採用

床版間詰部鉄筋とループ筋に高付着型エポキシ系樹脂粉体塗装鉄筋を採用

東北自動車道 吾妻橋で床版取替え

京都府所管の松島橋で超緻密高強度繊維補強コンクリートを適用 

J-ティフコム 従来の半分以下の厚さで床版補強可能 

埋設ジョイントと床版防水の「ONE-PIECE」化を実現

福美建設 小規模橋のジョイント~防水~舗装を1日で施工 

九州道白川橋の耐震補強工事で適用 5~10分で桁下プラットフォームまで展開

くろがね運輸機工 アウトリガー不要な大型橋梁点検車「MBI140」を導入

OFFランプ部に道路トンネルでは初めて

阪神高速大和川線常盤工区で矩形シールドによる全断面掘進を採用

夜間時の施工距離は15mから45mに向上

首都高渋谷線で中空床版上面を乾式吹き付け工法を応用したPCM舗装で補修

上下のクリアランス50cm程度の個所に78.3m、350tの桁を架設

中日本高速道路名古屋工事 名古屋西JCT島井交差点部の桁を夜間一括架設

橋脚と地下通路とのクリアランスが300mmしかない現場で採用

兵庫県 名月陸橋耐震補強にピア-リフレ(曲げ補強タイプ)を初適用