HOME業界ニュース一覧NEXCO東日本 高瀬橋床版取替 交通に配慮して床版を3分割施工

業界ニュース詳細

ロードジッパーシステムを採用し、施工車線切り替えをスムーズに

NEXCO東日本 高瀬橋床版取替 交通に配慮して床版を3分割施工

 東日本高速道路は9月4日、長岡市の北陸道長岡IC~新潟西ICに架かる高瀬橋(上り線)床版取替工事を報道陣に公開した。同橋は1978年9月21日に供用された橋長111mの鋼3径間連続非合成6主鈑桁橋で、凍結防止剤や疲労などの影響により劣化したRC床版全面1,720㎡を新しいプレキャストPC床版(210mm厚)に取り替える。全幅15.4mの既設RC床版を横断方向に3分割して撤去・架設していることが特徴だ。これは長岡JCT付近に位置し、交通量も11,600台と多く、1車線あたりの交通容量限界を超える時間帯もあるため。車線切り替えは施工性と渋滞の発生抑止を企図して移動式防護柵(ロードジッパーシステム)を採用した。現場での床版取替~舗装までの工期は8月20日~11月16日までの89日間の予定。その間、上り線3車線についてラッシュ時は2車線運用、通常時は1車線運用の昼夜連続通行規制を実施した。そのほか、塗り替え塗装3,780㎡もそれぞれ施工する。新潟県内で初めて供用された高速道路区間であり、供用後ほぼ40年を経過している。

橋梁の損傷状況


標準断面図および平面・側面図

 床版取替の施工は、70tラフタークレーンを2台用いて中央部から両端に向かって両側4パネルずつ撤去・架設する作業を繰り返していく(その前に高欄上の遮音壁および路面上の舗装は撤去しておく)。基本的にまず高欄・床版を切断、撤去し、さらに床版および壁高欄を配置し、継手部の間詰コンクリートを打設する。壁高欄は長さ方向に床版を2パネル(1パネル=1.67m(間詰部も入れると約2m))設置するごとに4m分のプレキャスト壁高欄を配置している。

 現場は民家が隣接しているため、昼間に既設高欄・床版の切断・撤去、新設プレキャストPCパネルの準備工(既設ジベルの撤去や上フランジ上面のケレンなど新設床版受け入れの準備)といった音の出る作業を行い、次いで夜間に床版取替工を実施するという工程を繰り返した。特徴は交通への影響を与えないため、床版を3分割して施工したことだ(図参照)。 

分割施工及び車線運用

 床版撤去・架設幅が大きい1期目と3期目は、クレーンのアウトリガーと旋回半径を確保するため、2車線を作業ヤードとして使える時間帯内で施工する必要がある。そこで役に立つのが移動式防護柵(ロードジッパーシステム)を用いたスムーズな車線数変更だ。仮設中央分離帯として、1基あたり延長1,000×高さ810×幅460mm、重量680kgのコンクリート製防護柵を設置。それを中央分離帯のヤードに待機していた防護柵切替用車両(BTM:Barrier Transfer Machine)を用いて移動することで車線を切替えた。BTMは時速約10kmで走行し、公開した1期分の仮設中央分離帯252mの切り替えを約2分で完了させた。同システムを用いる前は、「H型鋼を用いて車線切り替えを考慮していたが、クレーンを用いて時間をかけて施工せねばならず、ロードジッパーシステムを用いることで車線切り替え時間が大幅に短縮でき、切り替え時の危険性も大幅に軽減できた」(エム・エム ブリッジ)。また、コンクリート製防護柵を使用することで、中央分離帯突破事故を回避することができ、施工時の安全性向上も図られている。

ロードジッパーによる車線切り替え

 当日は、ロードジッパーによる車線切り替え、既設床版の撤去、新設プレキャスト床版の架設などが報道陣に公開された。

既設床版の撤去・新設床版の架設 
いずれもなるだけ床版端部のラインより外に行かないことを心がけて旋回させた

新設床版設置は位置決めが最重要。技術者、技能者別なく慎重に架設した

 元請はエム・エム ブリッジ。一次下請は架設工事佐々木組(架設)、富士ピー・エス(床版製作)、ニチレキ(床版防水)など。(2018年9月6日掲載、文・写真:井手迫瑞樹、図表は東日本高速道路提供、詳細レポートは9月末に『現場を巡る』コーナーで掲載する予定です)