HOME工法・材料ライブラリー「クールネスコート」 ~蓄熱性の低い特殊顔料および塗料中に含まれる2種類の特殊高分子カプセルから構成~

工法・材料ライブラリー

中井商工の熱抑制塗料
「クールネスコート」~蓄熱性の低い特殊顔料および塗料中に含まれる2種類の特殊高分子カプセルから構成~

温度グラフ
KeyPoint
  1. 蓄熱性の低い特殊顔料を採用
  2. 2種類の特殊高分子カプセルが保温性、断熱性および融解熱を奪う機能を発揮
  3. 耐候性、耐久性も向上
カテゴリー NETIS登録番号 KK-130034-A
商品直接リンクアドレス
 中井商工はパーキングエリアのヒートアイランド現象の緩和やプラントなど建屋の熱冷暖房用の電量削減、作業環境改善を目的とした熱抑制塗料「クールネスコート」を開発、営業展開している。蓄熱性の低い特殊顔料および塗料中に含まれる2種類の特殊高分子カプセルから構成されているもので、特殊顔料は今までの高反射塗料と違い、濃色系でも蓄熱性の低い遮断熱性能を有しているため、表面の汚れや摩耗・傷等があっても遮熱性能の低下は少なく、特殊高分子カプセル(A)が保温性、断熱性を発揮し、太陽熱の吸収を防ぎ、同(B)のカプセル中にある各温度に設定された相変化物質が個体から液体に変化する際に融解熱を奪い、塗膜の表面温度を低下させる。
 従来こうした分野では遮熱塗料(反射塗料)が使われてきた。太陽光を表面でハジキ返し、下に塗られた断熱層で熱の侵入を防ぐもので、「塗装直後は良好であるが、経年後の排ガスや砂塵等の影響で表面が汚れると性能が低下してしまい、反射率を上げるために白色系に限定されやすく、景観上の配慮の選択枝が少なく、冬には必要な熱も反射し、低温下の考慮も必要としている」(中井商工)。クールネスコートはそうした課題を踏まえ、10種類以上のカラーバリエーションを備え、反射性能に頼らないため、表面が多少傷ついても性能が劣化しない遮熱システムを作り上げた。

■施工実績

屋上 コンクリートモルタル部 2m2 2012/04 施工
建屋屋上 ガルバニューム鋼板 46m2 2014/04 施工

■担当者連絡先

中井商工株式会社 西山
〒537-0023 大阪市東成区玉津2丁目1-5
電話:06-6976-4481 FAX:06-6981-0165
info@nakaishoko.co.jp

【ホームページ】
http://www.nakaishoko.co.jp/