HOME工法・材料ライブラリー

耐震補強

橋梁

工法・材料ライブラリー

耐震補強

「ストランドシート工法」〜樹脂含浸、脱泡作業が不要なFRP補強工法〜

 新日鐵住金マテリアルズ(株)コンポジットカンパニーは、特殊加工した連続繊維シートによる鋼・コンクリート構造物の補修・補強工法である「ストランドシート工法」を展開している。これまでに、床版補強、橋脚補強、建築構造物、橋梁鋼部材など数多くの実績があり…

「歩道橋用パワーストッパー」〜1基で3方向の変位を制限できるコンパクトな装置〜

 横河ブリッジは、1基の装置で2方向(橋軸・橋軸直角)の変位制限機能を持つ「パワーストッパー」を薄型化して歩道橋用に対象を限定した「歩道橋用パワーストッパー」を開発、展開している。薄型化を実現したことで、横断歩道橋の橋脚天端と上部工横桁下フランジの…

「パワーストッパー」〜1基で2方向の変位を制限できるコンパクトな装置〜

 横河ブリッジは、1基の装置で2方向(橋軸・橋軸直角)の変位制限機能を持つ「パワーストッパー」を開発、展開している。落橋防止システムとして変位制限構造、横変位拘束構造のほか、桁の浮き上がり防止、支承水平方向補強などを目的に幅広く適用可能な耐震装置で…

「ピン定着型落橋防止装置」〜どこでも取付け自由でコンパクトなピン定着型ケーブル方式の落橋防止装置〜

 横河ブリッジは、ケーブル定着部に2軸回転機能を有することで、下部工と上部工との位置関係が複雑な場合でも定着部の回転可能範囲内であれば、取付けることが可能な落橋防止装置「ピン定着型落橋防止装置」を開発、展開している。複雑な構造においても取り付け易い…

「パワーチェーン」〜優れた衝撃力緩衝機能を有するチェーン型落橋防止構造〜

 横河ブリッジは、従来のPCケーブル式落橋防止装置に代わるものとして、チェーン間に緩衝機能部を配置した鋼製チェーン型落橋防止装置「パワーチェーン」を開発、展開している。パワーチェーンは許容荷重・地震時許容荷重に応じて10のタイプ(最小タイプのC150がそれ…

「緩衝ベルト」~重量を2割低減し、コンパクト化、経済性を向上~

 ショーボンド建設の落橋防止用桁連結装置「緩衝ベルト」は、引張材としてアラミド繊維を使用することで従来品(PCケーブル)に比べ、重量を20%強軽量化、衝撃吸収性能を4倍以上向上させたもの。 定着部の構造もアラミド繊維のフレキシブル性を生かしてPCケーブル…