HOMEインタビュー一覧

インタビュー 一覧

発注機関の責任者を主対象としたインタビュー記事です。

全体もしくは個別現場の課題やその対策、必要としている技術や実際に活用している手法などを記事にします。

2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ⑨日立造船

耐震補強工事に注力 洋上風力分野を次期事業軸に

嶋 宗和 氏
日立造船株式会社
常務執行役員 社会インフラ事業本部長
2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ⑧日本鉄塔工業

連系送電線工事の受注を目指す 高度な鉄塔長寿命化技術を活用

有田 陽一 氏
日本鉄塔工業株式会社
代表取締役社長
2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ⑦高田機工

鉄構部門の営業強化へ 部門連携、組織体制強化も

髙橋 裕 氏
高田機工株式会社
代表取締役社長
大規模修繕、リフレッシュを着実に進める

名古屋高速 設立50周年、供用40周年を迎えてどのように長寿命化を図っていくか

浅井 厚視 氏
名古屋高速道路公社
整備部長
事業区間の構造物比率は60%、工事の進捗率は61%

NEXCO中日本沼津工事事務所 5連の連続高架橋のうち3連にUコンポ橋を採用

川上 哲治 氏
中日本高速道路株式会社
東京支社
沼津工事事務所
所長
2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ⑤JFEエンジニアリング

海外事業の継続的な受注を目指す 保全・改築工事は社会的要請で本格化

川畑 篤敬 氏
JFEエンジニアリング株式会社
専務執行役員 社会インフラ本部
2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ⑥瀧上工業

「鉄構本部」を分離独立 入札だけに頼らない企業体づくり

瀧上 晶義 氏
瀧上工業株式会社
代表取締役社長
2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ③日本ファブテック

工場再編で内製化を推進 自社商品の拡販も積極化

小野 重記 氏
日本ファブテック株式会社
代表取締役社長
2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ④巴コーポレーション

戦略的には利益重視で積極展開 「人材確保」で社外発信力を強化

深沢 隆 氏
株式会社巴コーポレーション
代表取締役社長
事業区間の構造物比率は約8割

NEXCO中日本秦野工事事務所 山岳工事では現場アクセスに苦心、各現場で工期短縮策を採用

長浜 勲 氏
中日本高速道路株式会社
東京支社
秦野工事事務所
前 所長
2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ①川田工業

大型物件は五輪後も需要堅調 作業効率向上の研究開発を推進

川田 忠裕 氏
川田工業株式会社
代表取締役社長
2019年わが社の経営戦略 大手ファブ トップインタビュー ②駒井ハルテック

積極的な設備投資を継続 新しい勝ち方に果敢に挑戦

田中 進 氏
株式会社駒井ハルテック
代表取締役社長
実績、ブランド力、技術を結集してシナジーに

エスイー 宮原一郎新社長インタビュー

宮原 一郎 氏
株式会社エスイー
代表取締役社長
オール水性塗料で安全性・環境性を向上させる

首都高速 鋼橋塗装設計施工要領改訂の詳細について聞く

大塚 敬三 氏
首都高速道路
技術部長
ミッシングリンク、都市の渋滞対策、災害時の冗長性確保

近畿地方整備局 道路整備は未だ不十分

橋本 雅道 氏
国土交通省
近畿地方整備局
前 道路部長
プレキャストPC 床版接合部分の性能試験方法、床版上面断面修復工法など

NEXCO3社が2年ぶりに橋梁に関わる技術基準を改定

長谷 俊彦 氏
NEXCO総研
道路研究部
橋梁研究室長
仙台南部道路の付加車線設置事業は2021年度の完成目指す

NEXCO東日本仙台工事 2020年度内の完成目指し常磐道の4車線化進める

広瀬 剛 氏
東日本高速道路
東北支社
仙台工事事務所長
調査・維持・補修ができる協会に

日本橋梁メンテナンス協会 阿部新会長インタビュー

阿部 忠 氏
一般社団法人
日本橋梁メンテナンス協会
会長
大規模更新事業も湊町と湊川で着手

阪神高速道路 4つの建設事業と西船場JCTの改築事業を進める

仲 義史 氏
阪神高速道路
建設・更新事業本部
副本部長 兼 建設・更新総括部長
待ったなしの維持管理対策

阪神高速道路 40年以上経過している構造物は4割強

谷口 信彦 氏
阪神高速道路
保全交通部長
橋梁3456橋とトンネル94箇所を管理

北陸地方整備局 難工事が多いトンネル掘進、橋梁では塩害対策事業が進む

岩見 吉輝 氏
国土交通省
北陸地方整備局
道路部長
耐候性鋼材を用いた飯牟礼橋で比較的大きな損傷

NEXCO西日本鹿児島高速 本名川橋・思川橋を大規模更新

南 泰夫 氏
西日本高速道路
九州支社
鹿児島高速道路事務所
所長
北薩横断道路も整備が進む

鹿児島県 藺牟田瀬戸架橋が大詰め

島田 公史 氏
鹿児島県
土木部
道路建設課長
阿久根川内道路も一部工事がスタート

鹿児島国道 鹿児島東西道路で九州地整の道路トンネル初のシールド工法を採用

武藤 聡 氏
国土交通省
九州地方整備局
鹿児島国道事務所
前 所長
離島中心に塩害やASRに対応

鹿児島県 50年以上経過している橋梁が全体の約3割占める

橘木 竜一 氏
鹿児島県
土木部
道路維持課長
管理延長は 1253km 672橋、17トンネルを管理

沖縄県 厳しい塩害、ASRにどのように対応していくか

多和田 真忠 氏
沖縄県
土木建築部
前 道路管理課長
塩害やASRの疑いある橋梁対策も

北部国道事務所 名護東道路などの建設を進める

崎間 斉 氏
内閣府 沖縄総合事務局
北部国道事務所長
西海岸道路もⅡ期線着手を検討

南部国道事務所 小禄道路、南風原BP、与那原BPの整備を推進

小幡 宏 氏
内閣府
沖縄総合事務局
南部国道事務所
前 所長
六郷教授 今後は近接目視を絞り込むスクリーニングに使える

岐阜大学SIP ロボット点検技術を橋梁点検にどのように生かすか

六郷 恵哲 氏
岐阜大学工学部
社会基盤工学科
名誉教授
特任教授
武若耕司委員長インタビュー

土木学会 「亜鉛めっき鉄筋を用いたコンクリート構造物の設計・施工指針(案)」を改訂

武若 耕司 氏
土木学会コンクリート委員会
亜鉛めっき鉄筋指針改訂小委員会 委員長
鹿児島大学
教授
何ができるか、何を目指すか

ロボット点検技術を橋梁やトンネルなどの構造物へどのように活用していくか

新田 恭士 氏
国立研究開発法人土木研究所
技術推進本部 先端技術チーム
上席研究員
4つの重要な改定点

国交省 新道路橋定期点検要領の重要改定点とその狙い

白戸 真大 氏
国土交通省 国土技術政策総合研究所
道路構造物研究部
橋梁研究室長
約1000万人の観光人口をどのようにさばくか

沖縄県 ハシゴ道路ネットワークの構築を急ぐ

玉城 佳卓 氏
沖縄県
土木建築部
道路街路課長
東風平大橋、識名大橋の大規模補修も進める

沖縄県南部土木 南部東道路の整備、那覇大橋の架替えを推進

我那覇 生雄 氏
沖縄県
土木建築部
南部土木事務所長
橋梁4887橋とトンネル251施設を管理

中国地方整備局 山陽側の都市圏渋滞対策、山陰側のミッシングリンク解消事業を推進

福田 敬大 氏
国土交通省
中国地方整備局
道路部長